MacBook Pro 2016にキーボードカバーを付けてタイプ音を静かにして汚れを防ごう!

スポンサードリンク

15インチMacBook Pro Late 2016のキーボードカバー

MacBook Pro Late 2016の第2世代になったバタフライ構造のキーボードは個人的にはかなり使いやすいと思っているのですが、色が黒色ということもあり指紋が付いたり使っていくうちにテカっくるのが気になるところです。ということで、15インチのMacBook Pro Late 2016のキーボードにカバーを装着しました!

MacBook Pro Late 2016 キーボードカバー

今回購入したキーボードカバーはMaxKuのタッチバー有りのMacBook Pro Late 2016専用のキーボードカバーでタッチバー有りバージョンと無しバージョンから選ぶことができます。僕はUSキーを利用しているのでUSキーバージョンを購入しました。

タッチバー有りMacBook Pro Late 2016 キーボードカバー

キーボードカバーを装着してみた

台紙からキーボードカバーを剥がしていきます。

キーボードカバーを剥がす

キーボードカバーをMacBook Pro Late 2016に装着していきます。キーの部分が窪んでいるので薄くなったバタフライ構造のキーボードキーにもしっかりとハマってくれます。

MacBook Pro Late 2016 キーボードカバーを装着

装着完了です!

MacBook Pro late 2016 キーボードカバー

なかなかいいじゃないですか〜!このキーボードカバーはキー部分が印刷されているのですが、カラーを数種類の中(ブラック、ホワイト、クリア、ブルー、レッド、シルバー、グリーン)から選ぶことができます。今回は無難な黒色にしたのですがカバーを付けているようには見えないところが良いですね。

Caps lockの部分はちゃんと光るようになっています。

caps lock 部分

ただし注意点として、このキーボードカバーは字が印刷されているタイプなのでLEDバックライトで光らすことができません。もし、キーボードを光らせて使いたいのであれば透明のクリアカバーもラインナップの中にあるのでそちらを選択することをおすすめします。

スポンサードリンク

使い心地について

シリコン製のキーボードカバーなので少し滑りが悪くなってしまうので滑らせてキータイプをしていた人にとっては少しだけ使いにくいと感じるかもしれませんが、使っていくうちに慣れてきますので特に問題はないのかなと思います。

何よりもキーボードのキーが指紋や手についた油で汚れること防ぐことができるのは最高ですね。

一般的にキーボードカバーを装着することでこのようなメリットがあるでしょうか。

  • キーボードの表面が指紋や手の油で汚れない
  • キーボードの表面がテカらない、経年劣化を防ぐことができる
  • キーの隙間から埃が本体内部に入らない
  • 飲み物をこぼしても助かる確率が高くなる

加えて、MacBook Pro Late 2016のキーボードにキーボードカバーを装着することでタイプ音が静かになるメリットがあります。

MacBook Pro Late 2016から採用された第2世代のバタフライ構造のキーボードは第1世代と比較して打鍵感が強くなりとても打ちやすくなりました。しかし、それと引き換えにタイプ音が「カチカチ」と大きくなってしまいウルサイと感じる人も多いのかなと思います。

そこでキーボードカバーを装着することでタイプ音を小さくすることができます。またシリコン製のカバーなので爪がキーにカチカチと鳴ってしまう音も防ぐことができるので爪が長い女性の方にもオススメです。

▶︎ JIS配列 MaxKu 15インチMacBook Pro Late 2016 キーボードカバー

▶︎ US配列 MaxKu 15インチMacBook Pro Late 2016 キーボードカバー

MacBook Proに関するレビュー記事

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。