新型MacBook Proの本体は薄型化され15.4インチと13.3インチに

スポンサードリンク

新型「MacBook Pro(2016)」が出荷準備体制に?

新型「MacBook Pro(2016)」がWWDC 2016で発表されなかったことにショックを受けて、秋頃まで発売はないのかなと諦めモードに入っていまいしたが、DigiTimesが新型「MacBook Pro(2016)」の本格的な出荷準備の体制に入ったことを伝えていることが明らかになりました!

これは期待してもいいのかな?

MacBook Pro 2016 タッチバー コンセプト2

追記:13インチのタッチバーなしモデルと15インチモデルのMacBook Pro(Late 2016)を購入してレビュー記事を書きましたのでぜひご覧ください。

ーーー 以下、発表までの情報となります。

新型モデルの「MacBook Pro」は13.3インチと15.5インチのディスプレイを搭載した2つのモデルとなってていますが13インチモデルに関してはタッチバーありとなしの二つのモデルが存あります。今まで噂されていた通り、本体デザインが完全刷新され薄型軽量化を実現しています。

新しいカラーモデルも追加されることになり12.9インチのiPad Proと同じ感じでシルバーとスペースグレイの2色体制となりました。

追記:MacBook Pro (Late 2016)が正式に発表され販売も開始されました!

15.4インチではなく15.5インチに?

情報元の記述ミスということも考えられますが、今回の15.5インチというディスプレイサイズの情報が正しければ現行モデルの15インチのMacBook Proのディスプレイサイズは15.4インチであることから0.1インチだけ画面サイズが拡大することになります。

0.1インチというサイズなので意図的に大きくしたというよりは新設計のディスプレイを搭載し解像度が 2880 x 1800 ピクセルからさらに高精細になる可能性を示唆しているのでしょうか。ということは4K(3840 x 2400ピクセル)のディスプレイを搭載するのかな?他社のノートPCで4Kディスプレイを搭載したモデルが存在していることを考えるとありえそうな気もします。

量産体制に入ったということは7月頃には発売が開始されるかもしれませんね。

(追記:正式にリリースされ15.4インチのディスプレイが搭載されました。)

スポンサードリンク

有機ELディスプレイのタッチバー搭載

なお、新型MacBook Proは物理ボタンのファンクションキーが廃止されて有機ELディスプレイを搭載したタッチパネル付きのタッチバーと呼ばれるパーツが搭載されていると言われています。

これは、各アプリで専用ショートカットキーを割り当てることができるようになると言われており、もしこれが実現することになれば使い勝手はかなり変わることになりそうです。

追記:新しい情報としてPages内のコードからタッチバーのものと見られる記述が発見されたようでDynamic Function Rowという機能になるのではないかと伝えられいます。このことから、新型のMacBook Pro 2016にはデジタルファンクションキーなるものが搭載される可能性は非常に高いといえるでしょう。

追記:正式に13/15インチMacBook Pro(Late 2016)がリリースされファンクションキーが廃止されタッチバーが搭載されました。

MacBook pro TouchBar(タッチバー)

各アプリでタッチバーの表示を変更することができ、様々な機能を割り当てることができるようになっています。Microsoft Office、Adobeのクリエイティブツールも対応することが発表されています。デモ画面を見る限りかなり使いやすいツールになっていそうです。

Intel第7世代「Kaby Lake」プロセッサ搭載?

CPUは第6世代CoreプロセッサのSkylakeが搭載されるとみられていましたが、Intelの第7世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」の一部のモデルの出荷が開始されたことが明らかになっており、13インチモデルのMacBook Proに関しては最新の「Kaby Lake」が採用される可能性が高まります。

15インチに関してはクアッドコアの「Kaby Lake-H」の出荷が年末になるそうで間に合わない可能性が高いようです。「Kaby Lake」が採用されることになればUSB3.1、Thunderbolt 3.0(DisplayPort1.2)に対応するため5Kディスプレイも1本のケーブルで接続することができるようになります。

果たして、どうなるのか?!

追記:13/15インチのMacBook Pro(Late 2016)に関してはSkylakeプロセッサを搭載されることになり、2017年に持ち越しになりそうです。

外部ポートには12インチMacBookと同じようにUSB-Cポートが採用されて、USB 3.1、DisplayPort 1.2、PCI Express 3.0と互換性を持ちThunderbolt 3に対応することから40Gbpsの通信が可能となり1本のケーブルを使って5Kディスプレイや4Kディスプレイを2つ同時に動かすことが可能になるようです。

Apple Thunderbolt 5K Displayは開発中止

なお、iMacに関しては2017年前半にリリースされるのではないかと見られており外部ディスプレイとなるApple Thunderbolt 5K Displayは開発が中止されたことが明らかになっており、Macに最適化されたLGの4K/5Kディスプレイがリリースされています。

13インチのMacBook Pro(ファンクションキー付き)のレビュー記事

13インチのMacBook Pro(ファンクションキー付き)を購入しました!スペースグレイモデルを購入したのですが、本体サイズが小型化されスタイリッシュになり全体的に使いやすくなったように感じます。また第2世代のバタフライ構造のキーボードの打ち心地が非常によく使いやすいです!!

レビュー記事を書いているので是非、ご覧ください!

スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。