DELL、32インチ8Kディスプレイ「UP3218K」と27インチタッチパネル「Dell Canvas」を発表!

スポンサードリンク

DELLが「UP3218K」と「Dell Canvas」を発表!

DELLがCES 2017にて、32インチの8Kディスプレイ「UP3218K」と、27インチのタッチスクリーンディスプレイを搭載した「Dell Canvas(Dellキャンバス)」と呼ばれる二つの製品を発表しました!

UltraSharp 32 Ultra HD 8K ディスプレイ「UP3218K」

UltraSharp 32 Ultra HD 8Kディスプレイの「UP3218K」は世界初の32インチ8Kディスプレイとなっており、3,320万画素の280ppiの超解像度、10億7000万色のカラー表示でAdobe RGBとsRGBの色空間で100%の色域に対応しています。

UltraSharp 32

正面画像からは確認できませんが、ディスプレイは内側に湾曲しています。

DELLは5K解像度(5,120 x 2,880 ピクセル)の「UP2715K」を2015年に発売をしていますが、2年で一気に解像度と高めてきましたね。なお、「UP3218K」はDisplayPort 1.4を二つ搭載しており、接続できるPCはかなり限られることになりそうです。

スポンサードリンク

Dell Canvas

Dellは同時に「Dell Canvas 27」というMicrosoftのSurface Studioと似たようなスマートワークスペース製品も発表しました。

Dell Canvas

「Dell Canvas 27」は27インチのタッチパネル付きのディスプレイを搭載し、解像度はQHD(2,560 x 1,440ピクセル)となっています。Surface Studioと同様にダイヤル式のインターフェースが付属しSurface Studioに採用されているダイヤルAPIと連携するとのことです。

「UP3218K」と「Dell Canvas 27」を組み合わせて使用した時のプロモーション動画が公開されています。

完全にプロ向けの製品といった感じで、2画面で操作するという点ではMicrosoftのSurface Studioよりも使い勝手は良さそうですね。PCの性能がかなり高くないと動かすことは難しそうですが、未来の制作現場はこのようなスタイルがスタンダードになっている可能性は高いのかも?Macでも使えるようになると面白いんですけど、次期iMacがどのようなスタイルで登場するかに掛かっているように感じますね。

なお、「UP3218K」は4,999ドル(約60万円)で2017年3月23日に発売、「Dell Canvas 27」が1,499ドル(約18万円)となっており2017年3月30日に発売が開始されるとのことです。日本でもの発売は未定です。

9To5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。