Appleが15年12月8日に2009年のMacや初代iPod Touchなどサポート終了へ

スポンサードリンク

2009年のMacBookやiMacのサポートを終了へ

Appleは2015年12月8日(火)に2008年のMacBook、2009年のMacBook Air、MacBook Pro、iMac、初代iPod touchなど数多くのデバイスのサポートを打ち切る予定であることを9To5Macが得た情報により明らかになりました。

サポート打ち切り対象製品

サポート終了製品

今回サポートが終了する製品は以下のものとなっており、2009年以降のMacシリーズがサポート終了となるようです。

  • iMac (21.5-inch, Late 2009)
  • iMac (27-inch, Late 2009)
  • MacBook Air (Mid 2009)
  • Mac Pro (Early 2009)
  • MacBook (13-inch, early 2008)
  • MacBook Pro (15-inch, early 2009)

2007年のApple Cinema Display、初代Time Capsule、初代iPod touchなども対象となっています。

  • Apple Cinema Display (23-inch, DVI Early 2007)
  • Time Capsule 802.11n (1st Generation)
  • iPod touch (1st Generation)

アクセサリ関係も以下の製品がサポート終了へ。

  • iBeats
  • Beatbox
  • Beatbox Portable (1st generation)
  • Wireless (1st generation)
  • Diddybeats
  • Heartbeats (1st generation)
スポンサードリンク

Appleはサポートを終了させた製品は7年以上経過すると「オブソリート(obsolete)」として扱っており、こちらのサポートページから確認をすることができますが、上記の製品も2015年12月8日以降に追加されることになりそうです。

「オブソリート(obsolete)」に移行した製品は修理などが困難になるため、もしまだまだ利用をしたいという場合はサポートが打ち切られる前に修理をするか、新しい製品に移行するのが望ましいでしょう。

Appleは2015年6月9日にもiPhone 3G/3GSや2007年製のiMacやMacBook Proをオブソリート(obsolete)製品に移行しています。

http://itstrike.biz/apple/iphone/25360/

9To5Mac

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。