iPad mini Retinaディスプレイをゲット!丁度良いサイズと処理速度に大満足!

スポンサードリンク

iPad mini Retinaディスプレイの開封レビュー

ついに、念願のRetinaディスプレイを搭載した「iPad mini Retinaディスプレイ」を手にすることができました。「iPad(第3世代)」では32GBを購入しており2年ほどで10GB程度しか使用していなかったので16GBと32GBを迷ったのですが、容量を気にして使うのもスマートではないと感じ結局32GBを購入しました。

(追記:iPad mini 3が発売されたと同時に名称をiPad mini RetinaディスプレイからiPad mini 2に変更されました。)

「iPad mini Retinaディスプレイ」が発売された直後は供給量が極端に少なく量販店で見かけることはできませんでしたが、12月に入り少しづつ供給量が潤滑になってきたようで、地方の家電量販店(ケーズデンキ)で購入したのですが64GBと128GB以外の在庫は全てありました。クリスマス商戦までには充分な供給ができる体勢になったようです。

iPad mini2のパッケージ

さて、「iPad mini Retinaディスプレイ」のパッケージですが「iPad mini」としか表示されていないため本当にRetinaディスプレイモデルなのか?!と少し焦りましたが…

iPad mini Retinaディスプレイ

裏面の日本語シールのところにきちんとRetinaディスプレイの表記があり安心しました。

 iPad mini Retina パッケージの違い

箱を開くとお決まりのスタイルでiPad miniさんが現れます。この瞬間は何回見ても嬉しいものです。

iPad mini Retinaディスプレイ

iPad mini2 の本体

新しく登場した「Smart Cover」は今回は見送り従来通りの「Smart Case」をチョイスしました。「Smart Cover」は本体を全て包み込むので傷が付かないため安心ですが、せっかく重量が軽い「iPad mini」を重くしてしまうことがどうしても嫌でした。

iPad mini Retinaディスプレイ

「iPad mini Retinaディスプレイ」を使ってみた感想として、「iPad(第3世代)」からの比較で処理スピードが圧倒的に速くなっています。64bitのA7チップを搭載した「iPad Air」も同じことが言えますが、「iOS 7」を適用した「iPad(第3世代)」の処理速度が遅すぎたということもありとにかく快適に動いている印象を受けます。

サイズが小さくなり軽くなり持ち運びが手軽になったということより処理速度が快適になったインパクトの方があります。

7.9インチの「iPad mini」は画面が小さいので文字が見づらいという声もありますが、小柄なわたくしには丁度良い大きさで片手で持って閲覧することも苦にならない軽さで気に入っています。恐らく使う事がなくなる「iPad(第3世代)」をどうしようか考え中です。

追記:のちに「iPad Air 2」、「iPad Pro 9.7」、「iPad Pro 12.9」を購入しレビュー記事を書いていますので見ていってください。

iPad mini4の実機レビューもあります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。