13インチMacBook Pro 2017(Touch Barなし)と旧型の比較レビュー!CPUの性能が意外と向上している!

スポンサードリンク

13インチMacBook Pro 2017(Touch Barなし)レビュー

MacBook Pro 2017が2017年6月6日に発表されリリースされ2016年モデルは1年を経たずして旧型モデルになってしまうことになりましたが、大きな違いはCPUプロセッサが最新のIntelの第7世代Kaby Lakeに変更されましたが、それ以外の部分に変更点は特にありません。

なので2016年モデルのMacBook Proを所持している人は特に乗り換えるほどのモデルではないのですが買ってしまいました。13インチのMacBook Pro 2017を…。

今回購入したモデルは以下のモデルです。

  • CPU:Core i5-7360U @ 2.3 GHz デュアルコア
  • GPU:Intel Iris Plus Graphics 640
  • RAM:8GB 2,133MHz LPDDR3
  • SSD:256GB
  • カラー:スペースグレイ
  • キー配列:US

今回もRAMの容量は16GBではなく8GBのものをチョイス。16GBの容量があれば快適なのは間違いないでしょうが、2016年モデルの13インチMacBook Proを使っていても特に遅いと感じることもなかったので、価格の安さを重視しました。

13インチMacBook Pro 2017
左:13インチMacBook Pro 2016、右:13インチMacBook Pro 2017

ということで、2016年モデルの13インチMacBook Pro (Touch Barなし)は2017年モデルになって、どう進化したのかをレビューしていきたいと思います。

外観デザインは全く同じ

12インチMacBook 2017はパッケージのデザインが変更されたり、ロゴの書体が変更されるなど見た目での変化は少しだけありました。しかし、13インチMacBook Pro 2017に関しては全てにおいて同じデザインとなっており、本当に内部スペックだけが強化されたマイナーチェンジモデルであることが分かります。

13インチMacBook Pro 2017 パッケージ

61Wタイプの充電アダプタとUSB-Cケーブル、説明書、ステッカーが同梱されています。この辺りは2016年モデルから変更されていませんね。

13インチMacBook Pro 2017 付属品

では本体の外観を見ていきます。2017年モデルもAppleのロゴは光ることはありません。個人的にはこっちの方がシックでカッコいいと思っています。

13インチMacBook Pro 2017 本体デザイン

ディスプレイの蓋を開くと自動的に電源が入り初期設定画面が表示されます。

13インチMacBook Pro 2017 起動

初期設定が完了するとデスクトップ画面が表示されます。新品なのでやはり綺麗です。

13インチMacBook Pro 2017 本体デザイン

本体の左側にUSB-C/Thunderbolt 3ポートが2つ搭載されています。

13インチMacBook Pro 2017 USB-Cポート

Touch Bar搭載モデルは右側にもう二つポートが追加され4つのUSB-C/Thunderbolt 3ポートを使用することができます。もしポートが二つで足りないことがあらかじめて分かっているのであれば、Touch Bar搭載モデルにした方が良いでしょう。

本体右側に3.5mmヘッドフォンジャックが搭載されています。

13インチMacBook Pro 2017 ヘッドフォンジャック

キーボードは2016年モデルから搭載されている第2世代バタフライ構造のキーボードが採用されています。

13インチMacBook Pro 2017 第2世代バタフライ構造のキーボード

バタフライ構造のキーボードは本体サイズを薄くするために開発された新世代のノートブック用キーボードで2015年モデルの12インチMacBookから採用されました。

第1世代はキーを押した時の跳ね返りが若干弱かったことから使いにくいと感じる部分がありましたが、2016年モデルのMacBook Proから採用された第2世代バタフライ構造のキーボードはキーを押した時の跳ね返りがしっかりしたものになったので、タイピングしやすくなりました。ただ、打音が若干大きいのが気になるかもしれません。

13インチMacBook Pro 2017

背面にはステンレス製のAppleのロゴマーク。個人的には光らない現モデルの方がカッコいいと思います。2017年モデルのMacBook Proは外観の変化が全くないので見分けが付かないのが逆に良いのかもしれません。

なお、2017年モデルのJIS配列のキーボードは「shift」や「tab」、「option」キーが記号化されるなどの変更が施されています。

13インチMacBook Pro 2017 JISキー配列

US配列のキーボードは今まで通り英表記です。

13インチMacBook Pro 2017 USキーボード

次に、2017年モデルと2016年モデルの性能についてベンチマークテストにて比較して見ましょう!

スペック比較

13インチMacBook Pro(Two Thunderbolt 3 Ports)の2017年モデルと2016年モデルのスペックを比較してみます。

 モデル MacBook Pro 13
2017
Two Thunderbolt 3 Ports
MacBook Pro 13
2016
Two Thunderbolt 3 Ports
ディスプレイ 13.3インチ
2,560 x 1,600ピクセル
広色域(P3)
500ニトの輝度
CPU 2.3GHzデュアルコア
Intel Core i5プロセッサ(Kabylake-U)
2.0GHzデュアルコア
Intel Core i5プロセッサ(Skylake-U)
GPU Intel Iris Plus Graphics 640
・1台のディスプレイで5,120 x 2,880ピクセル解像度、60Hz、十億色以上対応
・最大2台のディスプレイで4,096 x 2,304ピクセル解像度、60Hz、十億色以上対応
Intel Iris Graphics 540
・1台のディスプレイで5,120 x 2,880ピクセル解像度、60Hz、十億色以上対応
・最大2台のディスプレイで4,096 x 2,304ピクセル解像度、60Hz、十億色以上対応
RAM 8GB 2,133MHz LPDDR3
(16GB 2,133MHz LPDDR3)
8GB 1,866MHz LPDDR3
(16GB 1,866MHz LPDDR3)
ワイヤレス Bluetooth 4.2
802.11ac Wi-Fi
ポート Thunderbolt 3(USB-C)x 2

  • Thunderbolt(最大40Gbps)
  • USB 3.1 Gen 2(最大10Gbps)
キーボード 第2世代のバタフライ構造
高さ

奥行き
重量
1.49 cm
30.41 cm
21.24 cm
1.37 kg
カラー シルバー、スペースグレイ
価格(税別) 164,800円 148,800円

2017年モデルはCPUプロセッサがIntel第7世代のkabylake-Uに強化され、RAMの転送速度が1,866MHzから2,133MHzに高速化され、基本スペックが向上していることが確認できます。それ以外の変更点は特にない模様。

スポンサードリンク

CPUの性能比較

Geekbench 4でCPUプロセッサの性能を比較してみると約20%ほど高速化されていることが分かりました。これは結構大きいような気がしますね。

13インチ
MacBook Pro 2017
Core i5 2.3GHz kabylake-U
13インチ
MacBook Pro 2016
Core i5 2.0GHz Skylake-U
性能差
シングルコア 64bit 4504 3969 約19%アップ
マルチコア 64bit 9461 7696 約23%アップ
13インチMacBook Pro 2017 vs 2016 CPU性能
左:13インチMacBook Pro 2017、右:13インチMacBook Pro 2016

GPUの性能比較

次にGeekbench 4にて内蔵GPUの性能(Metal・OpenCL)を比較します。

13インチMacBook Pro 2017
Intel Iris Plus Graphics 640
13インチMacBook Pro 2016
Intel Iris Graphics 540
性能差
Metal 25605 24416 約5%アップ
OpenCL 29375 28026 約4%アップ
13インチMacBook Pro 2017 vs 2016 GPU性能
左:13インチMacBook Pro 2017、右:13インチMacBook Pro 2016

CINEBENCH R15で内蔵GPU(OpenGL)とCPUの性能を比較します。

13インチMacBook Pro 2017
Intel Iris Plus Graphics 640
13インチMacBook Pro 2016
Intel Iris Graphics 540
性能差
GPU(OpenGL) 41.01 fps 38.29 ftp 約7%アップ
CPU 372 cb 307cb 約21%アップ
13インチMacBook Pro 2017 vs 2016 GPU性能

SSDの性能比較

Disk Speed TestでSSDの性能を比較します。

13インチMacBook Pro 2017 13インチMacBook Pro 2016 性能差
WRITE 1309.3MB/s 1303MB/s ほぼ同じ
READ 2240.2MB/s 2185.6MB/s ほぼ同じ
13インチMacBook Pro 2017 vs 2016 SSD性能

SSDの性能は2016年モデルで大幅に向上しましたが2017年モデルはほぼ同じという結果になりました。

総合性能(Novabench)

MacBook Proの総合的な性能を計測することができるNovabenchで比較します。

13インチMacBook Pro 2017
Intel Iris Plus Graphics 640
13インチMacBook Pro 2016
Intel Iris Graphics 540
性能差
Total 803 723 約11%アップ
RAM 182(9183MB/s) 175(7896MB/s) 約16%アップ
CPU 473 417 約14%アップ
GPU 77 69 約13%アップ
SSD 71(372MB/s) 62(308MB/s) 約15%アップ
13インチMacBook Pro 2017 vs 2016 総合性能

総合スコアとして11%、CPUは20%、GPUは5%ほどの性能が向上しているようです。CPUのスコアは2016年モデルの上位モデルとなるTouch Barを搭載しているCore i5に迫る性能を持っています。

上位モデルの13インチMacBook ProはUシリーズ28WのCore i5が搭載されていますが、下位モデル(Touch Bar非搭載)は低電圧の15WのCore i5が搭載されています。つまり、2017年モデルの下位モデルは2016年の上位モデルと同等の性能を持っているということになります。

まとめ

2016年モデルから乗り換える必要性はないでしょう。しかし、基本性能は思っていた以上に向上しているので、少しでも速いモデルを使いたいという方は乗り換えてもいいのかもしれません。Appleのスペック表によるとTouch Bar有無に関わらずバッテリー駆動時間は変わらないとしていますが、CPUの消費電力が15Wと28Wではかなり違い、バッテリーパックの容量も少なくなっており、Touch Barを搭載していないモデルの方が電池の持ちが良いというデータもあります。

外で使うことが多い13インチモデルだからこそ、電池の持ちが良い下位モデル(Touch Barなし)の性能が向上するのは素直に喜ばしいことです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。