iPhoneXは虹彩スキャナ機能で目を使って画面のロック解除が可能に?

スポンサードリンク

iPhone Xに虹彩スキャナ機能搭載か

2017年にリリースされるiPhoneは10周年記念のプレミアムモデルとしてiPhone Xがラインナップに加わると噂されていますが、新たなロック解除方法として目で認証する虹彩スキャナ機能も搭載されるとDigiTimesが伝えています。

iPhone8 コンセプトデザイン

iPhone Xは有機ELディスプレイ(OLED)やワイヤレス充電が大きな特徴となっていますが、ロック解除などにユーザーの目を利用した虹彩スキャナ機能が追加されとのことで、AppleのAチップなどを製造しているTSMCの子会社であるXintecが今年に虹彩認識をするためのチップの量産を開始すると噂されています。

顔認証システムも搭載か

KGI証券アナリストMing-Chi Kuo氏はAppleが提出した生体認証に関する特許に基づいて虹彩認識ではなく顔認識技術がiPhone Xに搭載されるのではないかと見ているようです。

Ming-Chi Kuo氏は現在のApple IDが顔認証システムに置き換えられホームボタンが排除されることになるとしていますが、技術的な課題がクリアできない場合は指紋認証と顔認証の二つを組み合わせることでセキュリティを維持するとしています。

Cowen and CompanyのアナリストTimothy Arcuri氏は、iPhone 8の前面カメラにはレーザーセンサーと赤外線センサーが搭載され顔の認識や動きも認識することが可能となり、ユーザーはジェスチャーで音量調整をするなど様々な機能を操作することが可能になる伝えています。

スポンサードリンク

次期iPhoneに本当にプレミアムモデルとなるiPhone Xが追加されるかどうかは分かりませんが、OLEDディスプレイの搭載やワイヤレス充電の対応は十分に考えらる技術です。ホームボタンが撤廃されるのではないかと噂されていますが、虹彩スキャナ機能が搭載されることになればロック解除もiPhoneの画面を顔に向けただけですることができるので、使い勝手が良くなることは間違いなさそうです。

iPhone Xの価格は12万円くらいになるのではないかと予想されていますが、これだけ新機能が搭載されることになればこの価格帯の現実味が帯びてきますね。ちょっと、スマートフォンの域を超えているように感じますが…。

ワイヤレス充電機能はiPhoneを充電をしながら操作することができなかったり、充電に時間が掛かってしまうデメリットもあり個人的には微妙なところだなーと思っています。

MacRumous
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。