iPad Pro 10.5インチは12.9インチと同じ解像度(2,732 x 2,048)になりピクセル密度が向上?

スポンサードリンク

次期iPad Proの10.5インチは12.9インチと同じ解像度に?

第2世代のiPad Pro 2は新たに10.5インチのディスプレイを搭載したモデルが登場すると噂されていますがこのサイズになり12.9インチのiPad Proと同じ解像度(2,732 x 2,048ピクセル)のディスプレイが採用される可能性が非常に高いようです。

12.9インチのiPad Proの横向きにした状態の高さは、9.7インチのiPad Air 2を縦向きにした高さと全く同じサイズになるように設計されており、9.7インチのiPadのアプリを2つ並べることができるとAppleのワールドワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長Phil Schiller氏が説明していました。

12.9インチiPad Proと9.7インチiPadの画面サイズ

同じように10.5インチのiPad Proは7.9インチのディスプレイを搭載しているiPad mini 4の縦方向のサイズを収めることができ、さらに10.5インチ(10.47インチ)のサイズなら12.9インチのiPad Proと同じ解像度(2,732 x 2,048ピクセル)のディスプレイを詰め込むことができ、iPhoneやiPad mini 4と同じ326ppiのピクセル密度を実現することができるようです。

この画像は紙で10.5インチのディスプレイをイメージしたものを製作して9.7インチのiPad Proの上に乗せたものです。

iPad Pro ベゼルレスディスプレイ

確かに本体サイズはそのままで10.5インチのディスプレイを載せることが実現可能のようです。

スポンサードリンク

iOSデバイスのディスプレイ仕様

Appleはできるだけ各デバイスのピスセル密度を揃えるようにしておりアプリ制作の影響度を極力少なくなるようにしています。5.5インチのiPhoneだけは例外ですけどね。

画面サイズ 画面解像度 ベース解像度 ピクセル密度 整数倍
iPhone 3GS 3.5インチ 480×320 480×320 163ppi @1x
iPhone 4/4s 3.5インチ 960×640 480×320 326ppi @2x
iPhone 5/5s/SE 4インチ 1,136×640 568×320 326ppi @2x
iPhone 6/6s/7 4.7インチ 1,334×750 667×375 326ppi @2x
iPhone 6 Plus/6s Plus/7 Plus 5.5インチ 1,920×1,080 736×414 401ppi @3x
iPad mini 7.9インチ 1,024×728 1,024×728 163ppi @1x
iPad mini 4 7.9インチ 2,048×1,536 1,024×728 326ppi @2x
iPad 9.7インチ 1,024×728 1,024×728 132ppi @1x
iPad Air 2/Pro 9.7インチ 2,048×1,536 1,024×728 264ppi @2x
iPad Pro 12.9インチ 2,732×2,048 1,366×1,024 264ppi @2x

もし10.5インチのiPad Proが追加されたらこうなるでしょうか。

画面サイズ 画面解像度 ベース解像度 ピクセル密度 整数倍
iPad Pro 10.5 10.5インチ 2,732×2,048 1,366×1,024 326ppi @2x

10.5インチのiPad Proが9.7インチのiPad Air 2/Proと同じ本体サイズで12.9インチのiPad Proと同じ解像度でより大きなディスプレイを搭載することで、作業エリアがより広がることになるので使い勝手が向上することになりそうですね。

となると12.9インチのiPad Pro 2には4Kディスプレイを搭載してほしいと思ってしまいますが…。

Cult of Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。