MacBookとiPad Proどっち選ぶ?使い勝手や違いなど徹底比較!

スポンサードリンク

「MacBook」と「iPad Pro」の使い勝手を徹底比較

Appleの12.9インチ「iPad Pro」はスマートキーボード(Smart keyboard)やApple Pencilを組み合わせると12インチ「MacBook」とほぼ同じ価格帯になってしまいます。なので、どちらを購入したらいいのか迷ってしまう方もいるかと。両モデルは画面のサイズは同じような大きさとなっていますが、「MacBook」は「OS X」、「iPad Pro」は「iOS」を採用し、違うオペレーションシステムが採用していることから使い勝手は大きく異なります。

「MacBook 12」と「12.9インチiPad Pro」、「9.7インチiPad Pro」の3機種を実際に使っているのですが、そこで感じた違いや使い勝手などを比較してみたので、参考にしていただければと思います。

本体サイズ

「MacBook」と「iPad Pro」の本体サイズをSmart keyboardを装着した状態で比較すると「iPad Pro 12.9 > MacBook 12 > iPad Pro 9.7」の順の大きさになります。

MacBook
12
iPad Pro
12.9
iPad Pro
9.7
高さ 280.5mm 305.7 mm 240 mm
196.5mm 220.6 mm 169.5 mm
厚さ 3.5〜13.1mm 6.9 mm 6.1 mm
厚さ(Smart keyboard装着) 約13mm 約13mm
重量  920g Wi-Fi:713g
LTE:723g
Wi-Fi:437g
LTE:444g
重量(Smart keyboard装着) Wi-Fi:1,053g
LTE:1,063g
Wi-Fi:667g
LTE:674g

Smart Keyboardを装着した状態では「iPad Pro 12.9」が一番重くなり、「MacBook 12」はディスプレイサイズの割に軽くモバイル性が非常に高いことがわかります。実際に手にした感触も「MacBook 12」の方が軽く持ち運びに適しています。

  • 左:MacBook 12、右:iPad Pro 12.9
MacBookとiPad Pro 12.9
  • 左:MacBook 12、右:iPad Pro 9.7
MacBookとiPad Pro 9.7

「iPad Pro 9.7」はディスプレイサイズが一番小さいので、重量もSmart Keyboardを組み合わせた状態でも667gしかないので、今までiPadを使っていた感覚で使用することができます。

本体の厚みはSmart Keyboardを利用することで「iPad Pro 12.9」と「iPad Pro 9.7」ともに本体厚みが約13mmになってしまうので「MacBook 12」とほぼ同じサイズになってしまいます。

  • 上:MacBook 12、下:iPad Pro 12.9
MacBookとiPad Pro 12.9の本体厚み
  • 上:MacBook 12、下:iPad Pro 9.7
MacBookとiPad Pro 9.7の本体厚み

「MacBook 12」は最薄部が3.5mmとなっているので持った感触としてはより薄いと感じるかもしれません。

  • 本体サイズの大きさ:iPad Pro 12.9 > MacBook 12 > iPad Pro 9.7
  • 持ち運びのしやすさ:iPad Pro 9.7 > MacBook 12 > iPad Pro 12.9

処理速度

OSが違うので単純に比較はできませんが、一応比較してみます。

MacBook
12
iPad Pro
12.9
iPad Pro
9.7
CPU Intel Core m3
1.1GHz
Apple A9X
2.25GHz
Apple A9X
2.25GHz
RAM LPDDR3
8GB
LPDDR4
4GB
LPDDR4
2GB

CPUの性能を判断するGeekbench 3でベンチマークスコアを計測してみました。

MacBookとiPad Proのベンチマークスコア

「MacBook (Early 2016,Core m3 1.1GHz)」はシングルコアが2493、マルチコアが4945、「iPad Pro 12.9」はシングルコアが3190、マルチコアが5425となっておりiPad ProのA9Xプロセッサの方が性能が高くなっています。

iOSはOS Xよりも動作が軽いのでSafariやメールなどの体感速度はMacBookよりもiPad Proのほうが速いように感じます。

  • 処理速度:iPad Pro 12.9

画面のサイズと解像度

12インチと12.9インチでは数字上はさほど違いはないように見えますが、アスペクト比がMacBookが16:10、iPadが4:3になっていることから「iPad Pro 12.9」の方が画面の大きさはかなり大きくなっています。

  • 左:MacBook 12、右:iPad Pro 12.9
MacBookとiPad Pro

解像度はこの表の通り「MacBook 12」よりも「iPad Pro 12.9」の方が高くなっています。

MacBook
12
iPad Pro
12.9
iPad Pro
9.7
サイズ 12インチ 12.9インチ 9.7インチ
アスペクト比 16:10 4:3 4:3
解像度 2,304 x 1,440 2,732 x 2,048 2,048 x 1,536
擬似解像度 1,440 x 900
1,280 x 800
1,024 x 640
1,366 x 1,024
1,024 x 768
1,024 x 768

ただし、アプリやウェブサイトが対応していない場合は9.7インチのiPadの解像度を単純に拡大して表示させることになりのでディスプレイの解像度が高いから作業領域が広いというわけではありません。例としてFacebookアプリは「iPad Pro 12.9」にまだ対応していないので1,024 x 768ピクセルの画面領域を1,366 x 1,024に単純に拡大して表示しています。

「MacBook 12」は擬似解像度として1,440 x 900ピクセルまで表示させることができるので、作業領域で見た場合は優位となります。

例えばYahoo!JAPANのトップページは12.9インチのiPad Proに対応していないのか、9.7インチの表示画面を単純に拡大しているだけで、解像度の低い「MacBook 12」の方が表示領域は広くなっています。

解像度の違い

AppleのHPは各デバイスごとに細かく調整されているので、解像度の高い12.9インチのiPad Proの方が表示される領域が広くなっています。

解像度の違いの表示領域
  • 画面の作業領域:MacBook 12 > iPad Pro 12.9 > iPad Pro 9.7
  • 画面の大きさ:iPad Pro 12.9 > MacBook 12 > iPad Pro 9.7

操作のしやすさ

MacBookはOS X、iPadはiOSが採用されているので根本的に操作方法が異なります。

  • iOS:指タッチ、Apple Pencil、キーボード
  • OS X:マウス、トラックパッド、キーボード

iPad Proはソフトウェアキーボードを使ってタッチパネルから文字入力をすることができますが、スマートキーボードを装着することでMacと同じようにハードウェアキーボードで文字入力をすることが可能になります。トラックパッドやマウスはないので、画面のスクロールは指タッチかApple Pencil、またはキーボードのスペースキーを押して行うことになります。

iPad ProとApple pencil

MacBookは昔ながらの操作方法で、ハードウェアキーボード、マウス、トラックパッドを使って操作をすることになります。

MacBook マウスとトラックパッド

iPad Proの文字入力のしやすさはスマートキーボードが意外にも使いやすく、慣れればiOSの日本語入力システムでも十分に対応することができるでしょう。また、タッチパネルで画面操作できるので直感的に操作できるのもメリットと言えそうです。

ただ、iPad Proで文字入力をして画面を操作する作業を繰り返していると手を持ち上げてタッチパネルに触れるという動作に疲れを感じるかもしれません。MacBookのようにキーボード上にトラックパッドなら手を下に移動させるだけでいいですからね。

あとは、OSの問題になってきますが、iOSは最大で2画面までしか操作することができませんが、OS Xはウィンドウ画面で無数に操作することができ、さらにファイル管理もできるので細かい作業はMacBookの方が得意です。

  • 左:MacBook 12、右:iPad Pro 12.9
OS XとiOSのマルチタスク

また、iPad Proに搭載されているブラウザSafariはモバイル版でMacBookでは表示が問題ないサイトでもiPad Proからアクセスすると表示が崩れているという現象もしばし見受けられました。

  • 操作のしやすさ:MacBook 12

画面の角度調整、見やすさ

MacBookは自由に画面の角度を調整することができますが、iPad Proのスマートキーボードの角度は固定となっています。

画面の角度調整

「iPad Pro 12.9」は画面が大きく角度もちょうど良く感じるのでしが、「iPad Pro 9.7」は画面が小さい上に角度が急になっていることから首が疲れやすくなるかもしれません。

  • 画面の角度調整、見やすさ:MacBook 12

スピーカーの音質

MacBookはキーボードの上側にスピーカーが内蔵されています。iPad Proは左右上下に4つのスピーカーが搭載されています。持っている角度によってチャンネルを自動的に切り替えている素晴らしいシステム。さらに上左右は中音域、下左右は低音域の音を出すというこだわり。

実際に聞いてみたところ「iPad Pro 12.9」のスピーカーが一番音が良いと感じます。「iPad Pro 9.7」も4スピーカーなのですが、本体サイズが小さいことからスピーカーボックスも小型化されているのか低音域の出方が弱くなっています。MacBookも特に音が悪いということではないので、特に問題はないかと思います。

  • スピーカーの音質:iPad Pro 12.9

カメラ

MacBookは画面側にFaceTimeカメラが搭載されているだけで、背面側にはカメラは搭載されていません。

MacBook
12
iPad Pro
12.9
iPad Pro
9.7
iSightカメラ 800万画素 1200万画素
FaceTimeカメラ 480p 1080p 1080p

「iPad Pro 9.7」は、iPhone 6s/6s Plusと同じ1,200万画素の背面カメラを搭載しているので、手軽に写真を撮影してSNSにアップすることができます。

  • カメラ:iPad Pro 9.7 > iPad Pro 12.9
スポンサードリンク

セキュリティ

iPad Proには指紋認証の「Touch ID」が搭載されていますが、MacBookはこのような生体認証技術は採用されていません。

iPad Pro Touch ID

MacBookはパスワードでロック画面を解除する形になり、どちらがセキュアなのかは別としてワンタッチでロック画面を解除することができるiPad Proは便利と言えるかもしれません。

  • Touch ID:iPad Pro 9.7 = iPad Pro 12.9

通信

MacBookはWi-FiとBluetoothしか無線通信を行うことができませんが、iPad Proはセルラーモデルを選択することでLTEを利用することが可能です。

MacBook
12
iPad Pro
12.9
iPad Pro
9.7
通信規格 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.0
802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
GSM/CDMA/LTE

その他にもiPad Proは3軸ジャイロ、加速度センサー、気圧計などのセンサーが搭載されているので、MacBookでは検知できないような情報を得ることができiPadならではのアプリを利用することができます。

  • 通信:iPad Pro 9.7 = iPad Pro 12.9

価格

iPad Proは単体で128GBモデルを購入するのであれば安く買うことができますが、スマートキーボード(Smart keyboard)やApple Pencilをフル装備するとMacBook 12よりも高い価格になってしまいます。

iPad ProはWi-Fi+LTEモデルでまとめました。

MacBook
12
iPad Pro
12.9
iPad Pro
9.7
128GB
+Smart keyboard、Apple pencil

128,800円
160,400円
108,800円
129,400円
256GB
+SMART KEYBOARD、APPLE PENCIL
148,800円
146,800円
178,400円
118,800円
147,400円

256GBのストレージに12.9インチモデルを選ぶとかなり高くなってしまいます。

  • 価格:MacBook

まとめ

「iPad Pro 12.9」はフル装備で揃えると価格がかなり高くなってしまうので、MacBookの代わりとして利用するにはお勧めしません。Apple Pencilを使ってイラストを描いたりしたりクリエイティブな作業に向いているように感じますので、かなり特殊なパターンになるのかなと。

価格を少しでも抑えたいのであれば「iPad Pro 9.7」です。「MacBook 12」よりは安く購入することができますし、基本的には今までiPadと同じようなタッチ操作の利用がメインで、たまにキーボードを使って文字入力を作業をしたい場合などにお勧めできます。

まあ、これなら安いけど高性能な「iPad Air 2」にサードパーティー製の外部キーボードを組み合わせた方がいいと思いますが、Apple Pencilは指紋が画面に付かない、細かい作業に便利など、利用する価値はかなり高いと思います。

あくまで作業中心で考えるのであれば「MacBook」をお勧めします。リラックス空間での利用を中心にたまに作業をすることを考えるのであれば「iPad Pro」をお勧めします。

→MacBook – Appleオンラインストア

→ iPad Pro – Appleオンラインストア

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

  • 全くズブの素人です。
    ipadproではツイッターのID変更やITUNESのミュージックライブラリーの機能など従来の以下のものは搭載されないですよね?

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。