今更ながら縦長のAirMac Time Capsuleを購入して設定してみた!

スポンサードリンク

縦の長いAirMac Time Capsuleを購入!

今更ながらAirMac Time Capsule 2TBを購入し設置しました!

もちろん、最新型の縦長のやつです!今まではAirMac Extreme(2011)を利用してWestern DigitalのネットワークHDDを利用していたのですが、どうも接続性というか相性があまりよくなくHDDにアクセスできないこともしばしば。

ということで、思い切って2TBのHDDを内蔵したAirMac Time Capsuleを導入しました!

まずは開封の儀です!

AirMac Time Capsule 2TB

長いですね。でも横幅が小さくなったので設置場所は少し余裕ができました。

↓AirMac Extreme(2011)との比較
AirMac Time CapsuleとAirMac Extremeの比較

AirMac Time CapsuleとAirMac Extremeのポート部分の比較

どちらがカッコイイかと聞かれると前のモデルの方が格好いいと思うのですが、この高さの秘密はアンテナが中にガッチリと縦に長く設置されているそうで、Wi-Fiの接続安定性が向上しています。つまり、利便性を優先したことによって、縦長のデザインが生まれたということ。

しっかりとシートで保護されています。

AirMac Time Capsule 保護シート

そして、1番感動したのがこれ。

AirMac Time Capsule AC電源

前のモデルはACアダプターが外付けだったので意外と設置に邪魔だったのですが、縦長のAirMac Time CapsuleではAC電源が本体に内蔵されているようで、コンセント一本で設置が可能となり乱雑だった無線LAN周りがスッキリとしました。

AirMac Time Capsuleの設定方法

AirMac Time Capsuleの設定方法を紹介します。

ルーターからAirMac Time CapsuleのWANにケーブルを挿し電源ケーブルを入れてしばらく待つと、MacのWi-Fiの項目に「新規AirMac ベースステーション」と表示されることを確認します。

2014 03 12 17 56 01

次に、「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「AirMacユーティリティ」を起動すると情報収集を開始します。

2014 03 12 17 56 13

AirMac Time Capsuleにアクセスするためのパスワードを入力します。

2014 03 12 17 57 36

これで、しばらく待てば設定が完了し使用できる状態になります。なんて簡単なんでしょうか!

2014 03 12 17 58 57

ただ、今回は警告が2件表示されていました。

2014 03 12 17 59 19

一つ目の警告はエラーではなくソフトウェアアップデートだったのですぐに更新をしました。

2014 03 12 18 00 26

もう一つが「二重のNAT」というよくわからないエラーが表示されています。

2014 03 12 18 07 02

一応、ネット接続はできているので問題はないのかもしれませんがなんか嫌だったので、ルーターモードを「DHCPとNAT」→「ブリッジモード」に変更することでこのエラーは発生しなくなります。

2014 03 12 18 07 19

ただ、この設定でいいのかどうかはよくわかりません。外からHDDに接続できる「どこでもMy Mac」を利用する場合はこのあたりの設定をきちんとしてあげることで動作速度を上げることができるみたいですね。

2014 03 14 19 55 12

縦長のAirMac Time Capsuleは3ストリームの11acに対応し最大で1.3Gbpsの通信速度を誇っています。残念ながら我が家には11acに対応しているMacは所持していないので恩恵を受けることはできません。

(追記:のちにMacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013) を購入したりiPhone 6/6sなども11acに対応したことで11acの恩恵を受けることができています。)

スポンサードリンク

今までAirMac Extreme(2011)でWestern DigitalのネットワークHDD(2TB)を利用するというお金をケチったことでMacのバックアップ機能のTimeMachineがうまく動作しなかったりという事態に悩まされ、結局のところ2TBのAirMac Time Capsuleを購入するという事態になってしまいました。最初からAirMac Time Capsuleを購入しておけば余計な出費も掛からなかったといい勉強になりました。

やはり、AirMac Time CapsuleはMacとの相性はかなり良いです。

Western DigitalのHDDを使用していたときはFinderにファイルを表示するだけでも時間が掛かっていてレインボーカーソルが頻繁に出現していましたが、AirMac Time Capsuleはサクサク表示され読み込み速度も満足いくレベルです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。