MacBook Pro 2016はディスプレイを開くと自動で電源がONになる新機能搭載!

スポンサードリンク

MacBook Pro(2016)はディスプレイを開くと自動的に電源ONに!

新型のMacBook Proはディスプレイを開くだけで自動的に電源が起動する新しい電源起動方法が採用しているそうです。

13インチMacBook Pro(Touch Barなし)背面のロゴマーク

新しい起動方法は新しくなったMacBook Proの全モデルで使用することができるようです。

  • MacBook Pro (15-inch, Late 2016)
  • MacBook Pro (13-inch, Late 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-inch, Late 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)

自動で電源起動させるためにはいくつかの条件が揃っていないとできないようで、以下の条件下で自動で電源を入れることができます。

  • 電源が接続されていない状態(電源OFF)でディスプレイを開くと自動的に電源がONになる
  • ディスプレイが開いた状態(電源OFF)で電源アダプタを接続すると自動的に電源がONになる
  • ディスプレイが閉じた状態で(電源OFF)で電源アダプタを接続し外部ディスプレイを接続すると自動的に電源がONになる

電源の自動起動機能は電源アダプタから十分な電力の供給を受けている状態でないと有効にはならないようです。

自動で電源ONになるのは便利かも!

MacBook Proのディスプレイを開くということは今から起動しようと思って開くことが多いと思いますので、わざわざ電源ボタンを押さなくても電源がONになるのは何気に便利かもしれませんね。

基本的にはスリープ状態で待機させていることが多いのですが、たまに電源をOFFにすることがあり、それに気付かずにしばらく待ってから電源ボタンを押すこともあります。そう考えると自動的に電源がONになるのは便利かもしれません。

もし、間違ってディスプレイを開いてしまったとしてもログインしない状態でディスプレイを閉じれば電源は自動的に切れるはずなので特に問題はないでしょう。

ディスプレイを開いただけで電源がONになるということは電源OFFにした状態でも、常に監視する機能が動いているということなのでしょうかね。

新しく搭載されたT1チップ(Apple WatchのS1チップのカスタムチップ)で動かしているのかなと思いましたがタッチバーとTouch IDの非搭載モデルにも対応をしているようなので、どんな仕組みで動いているのか少し気になります。

AppleAAPL Ch
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。