iPhone8 OLEDモデルはホームボタン廃止で5.8インチディスプレイの下部のファンクションエリアを搭載か

スポンサードリンク

iPhone8 OLEDモデルはファンクションエリアを搭載?

2017年9月にも発表されるとみられる次期iPhoneとなるiPhone8のプレミアムモデルはホームボタンが廃止されベゼルレスディスプレイを搭載することで4.7インチのiPhoneと同じサイズを実現すると言われていますが、KGI証券のMing-Chi Kuo氏が「下部部分にファンクションエリアを設けた5.8インチのOLED(有機ELディスプレイ)を搭載する」と伝えています!

iPhone

4.7インチのiPhone7と同じサイズの筐体に5.5インチのiPhone7 Plusよりも大きいディスプレイを搭載することは物理的にあり得ないようにも思えますが、ホームボタンがあった箇所にディスプレイを伸ばすことで5.8インチという大きなディスプレイを搭載することができるのです。

画面下にファンクションエリアを搭載か

ただし、ディスプレイの下部にホームボタンの代わりとなるファンクションエリアが設けられて実際の有効エリアは5.15インチになるとのことです。

スポンサードリンク

このファンクションエリアは指紋認証のTouch IDの機能が埋め込められることも考えられますが、その他の生体認証技術を組み合わせたものになるかもしれないようです。顔認証や虹彩スキャナ機能などの組み合わせを検討しているという情報もあります

ファンクションエリアにはMacBook Pro 2016に搭載されたTouch Barのように機能の割り当てをしてクイックアクションができるようになるかもしれないとのことです。

まあ、どうなんでしょうか。iOSにファンクションエリアの必要性はあまり感じないように思いますが、Androidのスマートフォンでファンクションエリアがあるモデルも存在しますし、ホームボタンが廃止されるならあった方がいいかもしれません。また、iPhoneでExcelなどの表計算アプリを使用する時などに便利になるかもしれませんね。

9To5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。