iPhone7の実機レビュー!デザインはiPhone6sからどう変わったか比較してみた!

スポンサードリンク

iPhone7の実機レビュー!

iPhone7とiPhone7 Plusの発売が開始されましたが、iPhone7のシルバー(128GB)を手に入れたので外観レビューと少しだけ使ってみた感想などを書いていきたいと思います!

iPhone7 輸送

iPhone7のパッケージの箱はいつも通り白色がベースとなっており、今回はiPhoneの背面部分を強調したデザインになっていますね。

iPhone7 パッケージ

上蓋を開けると、iPhone本体が一番上にあった今までと違いiPhone7は説明書などが入っている箱が一番上に置かれています。

iPhone7 箱の中

その箱をどかすとiPhone7本体がお披露目です。

iPhone7 本体

iPhone7本体をどかしすと電源アダプタ、Lightningコネクタを採用したEarPods

iPhone7 EarPods

3.5mmヘッドフォンジャックとLightningコネクタを変換するアダプタも付属しているので、今までのヘッドフォンが使えなくなるということはありません。

Lightningコネクタを変換するアダプタ

この変換アダプタがあったから箱の構造のデザインが見直されたんですね。

本体の実機レビュー

iPhoneの本体には透明のフィルムがしっかりと巻かれているので丁寧に取り外しましょう。

iPhone7 フィルム

まあ、前面から見たiPhone7は今までのモデルと違いが分からないですね。これがiPhone6なのかiPhone7なのか、判断することは難しいでしょう。

iPhone7 本体デザイン 前面

ホームボタンは物理ボタンではなくセンサー式に変更されクリックしても動きません。3D Touchのフィードバックがホームボタンにもあるといった感じですが、違和感はそんなにないのかなーと思います。

ただ、テーブルの上に置いてクリックすると振動が反応しないので違和感ありまくりです。

スポンサードリンク

ヘッドフォンジャックは廃止されたので丸い穴は開いていません。代わりスピーカーグリルが配置されていますが、ここにスピーカーが搭載されているわけではないようで、音は今まで通り右側の穴から鳴っておりマイクが搭載されているのかもしれません。

iPhone7 ヘッドフォンジャック廃止

ステレオ再生に対応したiPhone7ですが、もう一つのスピーカーは受話スピーカーが補っています。なので、スピーカーの大きさも形も違うので音量レベルが若干気になってしまいますが、ちゃんとステレオで音楽を楽しむことができるように鳴っています。

iPhone7 受話スピーカー

iPhone7の背面の下部分です。ロゴの書体が細いものからiPhone5sまで使用されていた書体に戻っていますね。iPhone6/6sの書体は妙に細かったですからね。

iPhone7 背面

カメラは出っ張っていますが、個人的にはこのデザインは嫌いではないです。筐体のアルミ素材から盛り上がっているのはいい感じだと思うんですが、どうでしょう。

iPhone7 カメラレンズ

画素数は1200万画素ですがイメージセンサーが新型のものに刷新されたほかレンズがf2.2からf1.8とより明るいものに変更されています。さらに光学式手振れ補正機能が搭載されています。

ボタン類は今までどおりサイド部分に搭載されています。

iPhone7 ボタン

手で持った感じはiPhone6/6sとさほど変わりありません。重量はiPhone6sから少しだけ軽くなっているのですが、持っただけではその差は分からないですね…。

総務省認定。

iPhone7 総務省認定

なんだこれ(笑)ダサいんですけど。FeliCa関係でついた刻印なんでしょうか。

Lightningコネクタとヘッドフォンジャックを変換アダプタを使って接続しています。

iPhone7 ヘッドフォン

ダサい(笑)素直にLightningコネクタに対応したヘッドフォンを利用した方がスマートでいいのかもしれません。それか、ワイヤレスを使いべきですね。

iPhone6sと外観比較

旧モデルのiPhone6sと外観比較をしてみましょう!

iPhone7とiPhone6s
左:iPhone7 右:iPhone6s

アンテナラインが少なくなり目立たなくなったのでデザインが非常にすっきりとしていい感じです。

本体下のデザインです。スピーカーグリルのデザインはそのままですがヘッドフォンジャックが廃止された影響かすっきりとした印象を受けます。

iPhone7とiPhone6s Lightningコネクタ
上:iPhone7 下:iPhone6s

ボタン部分の場所も同じですが、iPhone7は凹みがなくなっていることが確認できます。これは防水に対応するための処置なのかもしれませんね。

iPhone7とiPhone6s サイドボタン
上:iPhone7 下:iPhone6s

iPhone7のカメラレンズの大きさが目立ちますね。でも、iPhone6sのようなリングが搭載されていないので取ってつけた感じはしないので、個人的にはスッキリとしたデザインでいいと思います。

iPhone7とiPhone6sのカメラ部分
左:iPhone7 右:iPhone6s

iPhone7のLEDフラッシュは2つから4つに増えているのですが、見た目でも分かりにくいですが2つから4つに増えていることが確認できます。よーく見てください。4つありますから。

iPhone7とiPhone6s LEDフラッシュ
左:iPhone6s 右:iPhone7

SIMカードスロットは防水パッキンが付いているのが確認できますね。

SImカードスロット iPhone
左:iPhone7 右:iPhone6s

防水加工がしてありますが、しっかりと閉じていないと意味はないのでしょうね。SIMカードを入れたらしっかり閉まっているか確認をしましょうね。

まとめ

外観デザインはiPhone6/6sをベースにしたものになっていますが、アンテナラインが少なくなったことで、見た目はかなりスッキリをしたものになりiPhone6/6s系のデザインの完成系と言ってもいいのかもしれません。

センサー式に変更されたホームボタンは指を立てて押しても反応しないので常に指のひらで押す癖をつける必要があり、この挙動の違いに慣れるには時間が掛かるかもしれませんが、さほど問題ではないのかなと思います。

テーブルに置いた時に振動しないのは何故なんだろう。この部分が少し使いにくいなーと思います。

iPhone 7 と iPhone 7 Plus

AppleオンラインストアでiPhoneをチェック
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

  • fccマークが消えたので、まだいいほうでは?

    そもそも背面の下部なんか、ずっと見ないでしょう笑

    まぁ、シルバーよりブラックモデルの方が気になりませんが。

  • ワイヤレスイヤホンは脳の近くで電波出すからかなり健康的にまずいと思うけどね
    6sでいい罠だな

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。