Chrome 40でサポートしたハンドオフ機能でMacとiPhoneが連携可能に!

スポンサードリンク

Chrome 40 for iOSがリリース!

GoogleがiOS向けのChromeをアップデートして「Chrome 40 for iOS」をリリースしました!

Chrome 40 for iOS

Chrome 40ではGoogleが今推しているマテリアルデザインが採用されiPhone 6/6 Plusへの最適化が図られています。

連携機能のHandoff(ハンドオフ)機能に対応

さらにiOS8とMacの連携機能となるHandoff(ハンドオフ)機能にも対応し、iPhoneのChromeから見ていたサイトをMac側で引き続き閲覧することができるようになりました。

もちろん、iPhoneとiPadでの連携も可能となっています。

例えば、Chromeでサイトを閲覧している状態でApple IDと紐付けされているMac側の画面を見ると、DockにSafariのアイコンが表示されクリックすることでChromeでみていたサイトを引き継ぐことができます。

Chrome Handoff

また、Mac側の既定のデフォルト検索エンジンをChromeに変更している場合はChromeのアイコンが表示されます。

Chrome ハンドオフ

iOSとOS X Yosemiteの連携機能はブラウザに関してはSafariしか使えませんでしたが、今回のChromeのアップデートでかなり利便性がかなり増すことになりそうです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。