MacBook Pro 2016は新デザインでスペースグレイモデルも?米国のテレビ番組で写りこむ?

スポンサードリンク

新型MacBook Proの画像が写りこむ?

2015年は新設計された12インチMacBookが登場したことで、MacBook AirやProのラインナップにおいてもフルモデルチェンジが期待されていますが、新型のMacBook Proの映像が流出したのではないかと話題になっています。

これは米国のCBSのドキュメンタリー番組「60 Minutes」でAppleの役員達がインタビューを受けている様子を放送したもので写り込んだもので、Apple SVPのBruce Sewell氏の後ろに置かれたノートブックが新型のMacBook Proではないかと噂になっているのです。

その画像がこちら。

新型MacBook Pro?

これがMacBookだとすれば、確かに今まで見たことのないデザインとなっているように見えます。

MacBookのデザインで色がスペースグレイ、画面が大きい

黒色のベゼル部分は現行モデルのMacBook Proと比較しても狭くなっているように見え、デザイン的には12インチMacBookと似たようなデザインになっているように見えます。かと言って、大きさから見て12インチのMacBookではないように見えます。さらに、色がシルバーではなくスペースグレイモデルのようにも見えます。

もちろん、光加減でそう見えているだけかもしれません。そして、MacBookではない可能性もあります。まあデザイン的にはMacBookシリーズである可能性は高いとは思いますが…。

新型モデルの試作品を役員の方々が実際に使用して評価をしている…なんてことも考えられますし、時期的に見てもそろそろ新型モデルのMacBook Pro Retinaディスプレイモデルが登場してもいい頃合いです。

Cult of Mac

 

追記(16/1/25) 2016年6月までに発売か

スポンサードリンク

KGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が2016年6月に開催されるWWDC 2016までにMacBookシリーズの新型モデルを投入するだろうと報告していることが明らかになっています。プロセッサにはインテルの第6世代の「Skylake」が搭載されCPU性能で10〜20%、グラフィック性能で16〜41%、バッテリーの持ちが最大30%向上することが期待されています。

Intelの第6世代CoreプロセッサとなるSkylakeを搭載し基本スペックが向上するが期待されます。現行モデルは15インチモデルに関しては第5世代Broadwellプロセッサを搭載せず第4.5世代のHaswell Refreshが採用されているので、Skylakeプロセッサが採用されることで2世代も更新されることになります。

またMacBook Airについても以前の情報からデザインが刷新されRetinaディスプレイを搭載しWWDC 2016で発表されるという噂があり、12インチMacBookのデザインを採用しAirという名称が消えるかもしれないという情報も。確かに、現行のMacBook Airより12インチのMacBookの方が薄くなってしまったことからネーミングに違和感があるのは間違いありません。

2015年は12インチのMacBookが発売された以外に動きがなかったMacBook Air/Proラインですが2016年では大きく刷新される可能性は極めて高いと言えるかもしれません。

→ MacBook Pro – Appleオンラインストア

追記:Touch IDと有機ELタッチバーを搭載し大幅刷新?

追記:KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が2016年モデルのMacBook Proは有機ELディスプレイのタッチバーと指紋認証のTouch IDがキーボード部分に搭載された新しいデザインの筐体になると伝えています。筐体も新しいヒンジデザインを採用したものとなりデザインは完全に新型になるようで、もしこれが正しい情報であれば2012年以来4年ぶりの大幅刷新ということになります。

追記:13インチモデルの筐体のリーク画像が流出しました。

AppleInsider

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。