MacBook Pro 2016はディスプレイのデフォルト解像度が変更されている

スポンサードリンク

MacBook Pro(2016)デフォルト解像度が変更されている

非常に細かいことですが、MacBook Pro(Late 2016)はディスプレイのデフォルト解像度が一段階引き上げられています。2015年モデルまでの15インチのMacBook Proは 1,440×900 ピクセルがデフォルトでしたが…

ディスプレイの解像度 MacBook Pro 2015
15インチMacBook Pro 2012〜2015 ディスプレイの設定

2016年モデルの15インチのMacBook Proは 1,680×1,050 ピクセルがデフォルトの解像度となっています。

ディスプレイの解像度 MacBook Pro 2016
15インチMacBook Pro 2016 ディスプレイの設定

13インチモデルもデフォルトの解像度が 1,280×800 ピクセルから 1,440×900 ピクセルに引き上げられています。

ディスプレイの解像度 MacBook Pro 2013
13インチMacBook Pro 2016 ディスプレイの設定

MacBook ProのRetinaディスプレイは非RetineディスプレイのMacBookの解像度を4倍した解像度のディスプレイが搭載しており、デフォルト解像度は非RetineディスプレイのMacBook Proの解像度をベースにしたものとなっておりRetineディスプレイモデルは整数倍の解像度となっていました。

非Retinaディスプレイの解像度 Retinaディスプレイの解像度
13インチ 1,280×800 ピクセル 2,560×1,600 ピクセル
15インチ 1,440×900 ピクセル 2,880×1,800 ピクセル

ただ、デフォルト解像度で使っていなかった人も多かったのではないでしょうか。

スポンサードリンク

僕は15インチのRetinaディスプレイモデルを長らく使っていましたがデフォルトの 1,440×900 ピクセルではなく一段階上の 1,680×1,050 ピクセルを設定していました。

解像度を高くするとCPUへの負荷が高くなるため動作が遅くなってしまう可能性があったため、整数倍解像度がデフォルト設定されていたのでしょう。特に初期型(2012)は解像度を上げると動作が遅くなっていたように感じます。

しかし、CPUの性能が高くなりMacBook Proの基本性能が向上したこともあり、デフォルト解像度を上げても問題ないという判断だったのかもしれません。どうせなら搭載するディスプレイ解像度も上げて欲しかったところですが、数年後のMacBook Proには4Kディスプレイが搭載されていることに期待です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

    • 2013年モデルはSierraでも変わっていませんでした。ということは、2015年モデルはSierraでデフォルト解像度が変更されたということなのかもしれませんね。

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。