Office 2016 for MacがOS X El Capitanにアップデートするとクラッシュ頻発する不具合が!

スポンサードリンク
OS X 10.11 El Capitan office 2016

OS X El CapitanにアップデートでOffice 2016 for Macがクラッシュ!

OS X 10.11 El Capitan にアップデートすることで、体感速度が高くなって使い勝手が向上したことを大きく感じているのですが、一部のアプリにて起動ができないなどの現象が発生するのはメジャーアップデートの宿命と言ってもいいかもしれません。

しかし、最新のアプリケーションにて起動ができないという現象は今までになかったような気がするのですが、マイクロソフトが先日リリースした「Office 2016 for Mac」が OS X El Capitan で起動するとクラッシュしてしまうようです。

クラッシュが頻発!

スポンサードリンク

現象としては二つ以上のOfficeアプリを起動することでクラッシュが頻発してしまうというものとなっており、Macを再起動するしか復帰方法がないとのこと。また、同じようにOffice 2016 for Macを利用することでクラッシュするため、使い物にならない状況のようです。

これは、マイクロソフトのサポートフォーラムでの書き込みで明らかになっているのでマイクロソフトも状況を把握しており、アップルと緊密に協力することで早期解決に向けて動き出しているとのことです。

最新版のOfficeなので、OS X El Capitanでのテストはちゃんと実施していたと思うんですが、このようなことがあるとはちょっと驚きですね…。

ZDnet

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。