Apple Watch series3はLTE通信に対応?iPhone8のホームボタンは技術的な問題から存続する可能性も。

スポンサードリンク

Apple Watch series3とiPhone 2017のちょっとした噂

Susquehanna Financial GroupのChristopher Rolland氏はBroadcomとQualcommを含むアジアの様々なサプライヤーから次期モデルとなるApple Watch series3や5.8インチのiPhone8についての情報を報告しているようです。

Apple WatchとiPhone7

Apple Watch series3はLTE通信に対応?

2017年秋に次期Apple Watch series3がリリースされるのではないかと期待されてますが、ついにApple WatchもLTE通信による通話が可能になるかもしれないようです。

LTE通信をするとなるとバッテリー消費が問題となりますが、それを解決するためにLTE接続用の低消費電力チップCAT-M1の採用を検討しVOIP技術を実装する予定とのこと。

現行モデルのApple WatchはiPhoneとBluetooth接続により通話を実現していますが、もしApple Watch単体でLTE通信ができるようになれば電話機能だけを利用したい人はiPhoneを持たなくてもいいということになりそうです。

ただ、あの小さなボディの中に別途SIMカードを入れることはできないでしょうから、iPadでも使用することができるApple SIMでの対応になるかもしれませんね。

スポンサードリンク

3つのiPhoneでワイヤレス充電対応か?

兼ねてから噂されているプレミアムモデルの5.8インチOLEDディスプレイ搭載のiPhoneですが、iPhone 8ともiPhone Xとも呼ばれています。そんな5.8インチのiPhone Xと通常モデルの4.7インチのiPhone、5.5インチのiPhone Plusの3つのモデルで無線誘導充電をサポートしPegatronとFoxconnは送信パッドを製造する可能性があると伝えています。

ただし、完全充電に3時間以上掛かってしまい充電効率が良くないことから懐疑的な意見もあるようです。

また、5.8インチモデルはホームボタンが廃止されるのではないかと噂されていますが、技術的な問題からホームボタンが存続される可能性もあるとのことです。

これはちょっと意外な情報と言えるかもしれませんね。個人的にはホームボタンがあると使いやすいので残して欲しいところですが。

そして充電ケーブルについてはUSB-CとLightningの両技術を融合させたケーブルを検討しているとも伝えています。具体的にどのようなケーブルになるのかわかりません。また、このハイブリッドケーブルについてはまだ先のことになるようです。

なお、Appleはワイヤレス給電の国際標準規格であるQi(チー)を策定している団体・ワイヤレスパワーコンソーシアム(Wireless Power Consortium)に参加していることが明らかになっています。

9To5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。