iPhone8はガラス素材の筐体にワイヤレス充電が特徴になる?

スポンサードリンク

iPhone8はガラス筐体にワイヤレス充電が特徴か

2017年にリリースされる次期モデルとなる4.7インチのiPhone8はガラス素材を採用した筐体になりワイヤレス充電の対応が特徴になるとKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏が報告していることが明らかになりました。

iphone8005.jpg

今回の情報は4.7インチについてとなっていますが、5.5インチに関しても同じくガラス素材の筐体になりワイヤレス充電に対応することになるのかもしれません。

また、以前から噂されている4.7インチと5.5インチ以外によりプレミアムなモデルが追加されると言われており、それは有機ELディスプレイを搭載したモデルになり完全なる新しいデザインが採用されることになるようです。

有機ELディスプレイを搭載したモデルはLCDディスプレイを搭載したモデルと比べてもハイスペックな仕様になるとのことです。

スポンサードリンク

すでに様々な情報が出てきてる

iPhone8はガラス筐体にワイヤレス充電が標準仕様になるとするなら、デザインは通常モデルも新しいモノになると言ってもいいように思うんですけどねー。なんか、iPhone8の情報については色々出すぎて何が正しいのか分からない状況ですね。

ベゼルレスディスプレイになって5インチ、5.8インチになるという情報があったり…

5インチモデルが追加されるという情報もあります。

プレミアムモデルが追加されるのだとすれば5インチモデルが追加され、それが有機ELディスプレイを搭載して登場するのかもしれません。iPhone8がどのようなラインナップになるのかはまだまだ分かりませんが、ガラス筐体の採用とワイヤレス充電に対応することはほぼ確定要素と見てもいいのかもしれません。

MacRumors
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。