次世代iPhoneのTouch IDは3D Touchに対応した感圧ホームボタンに?

スポンサードリンク

Touch IDに3D Touchを対応させる特許

次世代のiPhoneのホームボタンも感圧式タッチパネルと同様に感圧式指紋認証ボタンに進化することになるのでしょうか?!Appleが3D Touchの構造を取り入れたTouch IDのホームボタンの特許を出願していたことが米国特許商標庁によって公開された資料により明らかになりました。

3D touch 指紋認証

現在のiPhoneやiPadのホームボタンはクリックすることによるシステムホームボタンの役割と指紋認証を行うためのTouch IDの二つの役割を持たせたものとなっています。

Appleが出願した特許により、Touch IDのシステムに感圧を感知することができる機能が加わることになり、より複雑な操作ができるようになる可能性があります。

同特許は2013年に出願されたものとなっていますが、Appleはディスプレイに指紋認証技術を取り入れた特許を取得していたり様々な方面から模索をしており、実際の製品に採用されるかどうかはわかりません。

スポンサードリンク

薄型化にメリットがありそう

感圧式ホームボタンにすることで物理的なボタンを廃止することができるメリットは薄型化に貢献することになりそうですが、Touch IDが3D Touchに対応することによる新機能を見出すことができるのかポイントとなるかもしれません。

とりあえず、2016年9月には発売されるであろう「iPhone 7」については従来のTouch IDが搭載されることになるでしょうかね。(根拠はありませんが)

AppleInseider
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。