iPhone 6を速攻レビュー!大きい画面は見やすく片手モードが意外と使いやすい!

スポンサードリンク

iPhone 6を入手!レビューしました!

本日、アップルが「iPhone 6」と「IPhone 6 Plus」を発売しましたが、4.7インチのiPhone 6を手に入れました!

やはり、本体の厚みが薄いだけあって画面が大きいけど持ちにくいとは思わせないところが凄いですね!本体が丸みをおびたことで尚更手に馴染んでいるのかもしれません。

iPhone 6の外装パッケージは今までのようにiPhoneの写真はなく白色とシンプルでiPhone 6を模ったエンボス加工が施されています。ちょっと今までにないパターンのデザインでますますシンプルになっていっています。

iPhone 6 パッケージ

箱の中にはいつも通り、Apple EarPods with Remote and Mic、Lightning-USBケーブル、USB電源アダプタ、マニュアルが入っているので画像は割愛します。iPhoneを買い続けていると同じものがどんどん増えていくところが困った点ですね。純粋に本体だけで販売してもいいくらいのようにも思えます。

iPhone 6 外観1

iPhone 6を手に持つとこんな感じです。

iPhone 6 手に持った感じ

画面は大きいですが薄くて丸くなっているので手に馴染みます。ディスプレイも少し丸くなっているところが何気に凄い。保護ガラスはサファイアガラスではなく「強化イオンガラス」が採用されています。

Lightningコネクタ

不可解なDラインは健在です。これはデザインとしてOKなのか…それともアンテナ関係で仕方無しでこのデザインになってしまったのか。今では見慣れたのでなんとも思いませんが、よーく見るとブサイクですよね。でも、これも愛嬌かな…!

Dライン

カメラレンズは本体が薄くなったことが影響して突出しています。テーブルの置いてみましたが、若干ぶれるくらいでそれほど気になりません。ただ、突出していることによるレンズの強度が心配ですね。カメラレンズは今まで通りサファイアガラスが採用されているはずです。

カメラ突出

スリープ/電源ボタンが上部からサイドに移設されたので少し違和感を感じます。しばらくは上部を間違えて押してしまいそうです。

iPhone 4s/5s/6の比較画像

やっぱりiPhone 6は薄い!そして軽い!

iPhone 4s/5s/6 薄さ比較

iPhone 5sの重量は112gで、iPhone 6が129gですが同等の重さに感じます。手に触れる表面積が大きいからそのように脳が勘違いしているのかもしれません。

2年ごとに画面が大きくなったファミリー達。

iPhone 比較

店頭にiPhone 6 Plusもあったので触ってみました。

iPhone 6 Plus

第一印象としてはどでかい!

6が「でかい」なら6 Plusは「どでかい!」です。しかし、iPad miniと違って片手でネットサーフォンや操作をすることは可能で文字入力の時に両手が必要になりますが、なかなか程よいサイズ感だなと感じます。

iPad miniを買うならiPhone 6 Plusを購入した方いいかもしれません。

片手モードにする方法

画面が大きくなった対策として「片手モード」が搭載されています。このモードを起動することで画面が下にグイっと下がり一番上にあるアイコンも難なく操作ができるという優れもの新機能です。

片手操作モード

起動方法はホームボタンを2回タップすれば一定時間画面が下に下がります。この機能が便利かも..!両手を使わなくてもなんとか今まで通り片手操作ができるし下手すると今までの4インチより操作性がいいのではないかと思ってしまうほど。

ちなみに、クリックではなくタップですから注意して下さいね!なんどかクリックしてマルチタスク画面を開いてしまいました…!

新しいモデルが登場してもOSは今まで慣れ親しんだiOSが入っているので迷うことなく乗り換えが出来るのもiPhoneの良いところですよね!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。