新型iPadの名称はiPad(第5世代)だった!iPad ProがiPad Air 2の事実上の後継機。

スポンサードリンク

新型iPadの正式名称はiPad(第5世代)!

新型iPadはiPad Air 2の後継機ではなく廉価版iPadとして低価格で発売されることになりますが、Appleの技術仕様ページによりと新型のiPadの正式名称は「iPad(第5世代)」になるようです。

iPad 第5世代

iPad(第4世代)が登場したのは2012年11月のことで4年以上も前のことです。翌年の2013年11年にiPad Air(第1世代)がリリースされることになるので、確かに今回の新型iPadは第5世代なのは間違いありません。

ただ、2013年にiPad Air、2014年にiPad Air 2、2015年にiPad Proが続けてリリースされてきたので、今さら第5世代と言われても違和感がありまくりですね…。

iPad ProがiPad Air 2の後継機

9.7インチのiPadを系譜にするとこうなるでしょうか。

9.7インチiPad 系譜

iPad Air 3は存在しないことになったのでiPad Proが事実上のiPad Air 2の後継機ということになるでしょうか。

なお、iPad(第5世代)はiPad Airと全く同じ本体サイズ、重量となっており、iPad AirにTouch IDとA9チップが搭載されたモデルになっています。(iPad Air 2はiPad Airと似ていますが本体の薄さが7.5mmから6.1mmに薄型化されています。)

iPad Pro iPad Air 2 iPad(第5世代) iPad Air
CPU A9X A8X A9 A7
RAM 2GB 1GB
高さ

厚さ
重量(Wi-Fiモデル)
240mm
169.5mm
6.1mm
437g
240mm
169.5mm
7.5mm
469g
バッテリー容量 27.5Wh 27.3Wh 32.4Wh

iPad(第5世代)は32GBが37,800円、128GBが48,800円とかなりリーズナブルな価格設定となっています。高速なA9プロセッサに指紋認証のTouch IDも搭載しているので、性能的には申し分のないものになっていると思います。Apple PencilやSmart Keyboardを使う予定がないのであれば、魅力的なデバイスなのかもしれません。特に企業にはいいかもしれませんね。iPad 2やiPad Airを導入する企業が多かったようにiPad(第5世代)も一般だけではなく法人にもニーズがあるのかもしれません。

Apple
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。