iOS11の標準のカメラアプリでQRコードを読み取り可能に

スポンサードリンク

iOS11はカメラでQRコードの読み取り可能に

iOS11でついにQRコードをiPhoneやiPadで読み込んで認識させることができるようになります。少し、今更感がありますがiOS11の標準機能になることで、再びQRコードを使った販促が脚光を浴びる時がやってくるかもしれない。

標準のカメラアプリでQRコードをかざすだけで読み込みができる

QRコードの読み取りの手順としては、標準のカメラアプリを使ってQRコードをかざすだけで自動的にQRコードを認識しスキャン、ドロップタウン通知が表示されるのでタップすることでリンク先にアクセスすることができます。

iOS11 QRコード

左はWi-Fiネットワークに登録するためのQRコードを読み込んだもの、右は自分の連絡先をほかの人に追加させるためのQRコードを読み込んだものとなっています。

QRコードのスキャン機能は初期設定はONになっていますが、「設定」の「カメラ」からOFFにすることも可能となっています。

iOS10ではChromeかLINEでQRコードの読み取りが可能

iOS10ではサードパーティ製のアプリを利用することでQRコードの読み取りが可能となっていますが、一番てっとり早いのがGoogleのChromeやLINEアプリを利用することでしょうか。

LINEとChrome QRコード

ChromeやLINEのアプリアイコンを3D Touchでクイックメニューを表示させることで、QRスキャン機能にアクセスすることができるようになっています。

MacRumors
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。