NTTドコモが料金同じで2年縛りなしの新プランを発表!

スポンサードリンク

NTTドコモが2年縛りなしの新プランを発表

NTTドコモが2年縛りが存在した新しい料金プランの発表をしました。新しい料金体系は大きく分けて2年縛りがない「フリーコース」と、2年縛りがある「ずっとドコモ割コース」の2つとなるようです。

docomo-DSCF3119

auやソフトバンクがすでに導入していた2年縛りのない料金プランは通常の料金よりも割高に設定されていましたが、NTTドコモが発表した新プランの「フリーコース」は今までの料金のままで解約金が必要なくなるというもの。ただし、「ずっとドコモ割」と「更新ありがとうポイント」が適用されなくなります。

「ずっとドコモ割コース」は今まで通りの2年縛りのプランで「フリーコース」と料金は同じですが、「ずっとドコモ割」と「更新ありがとうポイント」が適用となるコースとなり解約する時は更新期間中以外は9,500円の解約金が掛かることになります。

docomo-DSCF31191

対象のプランはカケホーダイプラン(スマホ/タブ)、カケホーダイプラン(ケータイ)、カケホーダイライトプラン、データプラン(スマホ/タブ)、データプラン(ルーター)で、2016年6月1日よりサービスが開始されるとのこと。

申し込みは、eサイトインフォメーションセンター又はドコモショップから可能となっています。おそらく、申し込みをすることで「フリーコース」への切り替えが可能となるようです。

「ずっとドコモ割」のサービス拡充

また、利用年数に応じてパケットパックの料金割引を受けることができる「ずっとドコモ割」が5年以上のユーザーが適用となっていましたが2016年6月1日より4年以上利用しているユーザーが対象になります。

さらに、最大の割引額が2,000円から2,500円に引き上げとなります。

docomo-DSCF31192

また、2年定期契約の「ずっとドコモ割コース」を選択しているユーザーには更新時に端末購入やdマーケットなどで使うことできるdポイントを3,000ポイントがプレゼントされる「更新ありがとうポイント」が開始されます。

スポンサードリンク

長期ユーザーにも短期ユーザーにも嬉しい改定

今までは新規ユーザーばかりが優遇されてきましたが、ドコモの場合は長期ユーザーの料金割引も積極的に取り組んでいる印象を受けます。

特にドコモの場合は古くから使っているユーザーも多いので、このような割引額の拡充で恩恵を受けるユーザーは多いかもしれません。そう、頻繁に携帯電話を機種変更するものでもなくなってきているので、長期利用ユーザーの待遇向上は歓迎すべき点と言えそうです。

また、2年縛りのない料金プランは、auやソフトバンクの通話かけ放題プランで2,700円が4,200円と1,300円も高くなっていましたが、NTTドコモは2年縛りのない料金プランでも2,700円を維持するということで使い勝手はかなり向上することになりそうです。

かなり攻めた内容となっているのでauやソフトバンクも追従する可能性は高いと言えるかもしれませんね。同じ内容でくるのか、それとも違った料金プランを投入するのか、期待したいところです。

NTTドコモ ニュースリリース
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。