MacBook Pro Late 2016で画面の表示がちらつくGPUに関する不具合が発生

スポンサードリンク

MacBook Pro(Late 2016)で表示がちらつくなどの不具合

新しくなったMacBook Pro(Late 2016)にて、画面表示がおかしくなるなどの不具合が発生するなど、GPUに関する問題が浮上していることが明らかになりました。

問題となっている現象は以下のように画面表示が崩れてしまうというものとなっています。

MacBook Pro GPUの不具合

特に Adobe Premier や Adobe Media Encode といった写真に関係するアプリを利用している時に画面表示が崩れたりちらついてしまう現象が発生しているようで、ひどい場合はクラッシュしてしまうこともあるとのこと。

全てのモデルで発生している模様

15インチMacBook ProのCTOモデルとなる Radeon Pro 460 を搭載したモデルが特に不具合が発生することが多いようですが、Radeon Pro 455/450を搭載している15インチの下位モデル、内蔵GPUを搭載している13インチMacBook Proも同様の不具合は確認されているようです。

GPUの不具合 MacBopok pro

と考えるとGPUの問題ではなくソフトウェアの不具合である可能性もあるのかもしれませんね。

僕が所持している15インチMacBook Pro(Late 2016)はこんなに盛大な画面表示の異常はありませんが、macOSを起動する画面の時に一瞬だけ画面がちらつく現象は確認できています。これは13インチMacBook Pro(Late 2016)では見られない現象でした。

9To5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。