12インチMacBookのSSDコントローラチップはAppleが独自開発したもの

スポンサードリンク

MacBookのSSDのコントローラチップはAppleが独自開発

12インチMacBookは様々な技術革新を詰め込んだノートブックデバイスになっています。

CPUプロセッサやRAMはもちろん、SSDストレージに関してもロジックボードに直付けされておりSSDのコントローラチップにおいてもAppleの独自のチップが採用されているそうで、これは2011年に買収したイスラエルのAnobitの技術が使われている可能性が高いようです。

12inch macbook ssdchip

新しいSSDのコントローラチップの型式は「338S00055」となっており、AppleのロゴマークはありませんがChipWorksによると間違いなくAppleのカスタムデバイスであると確認をしています。なお、製造は台湾TSMCが担当しているといわれているようです。

次世代規格NVMExpressを採用

スポンサードリンク

12インチMacBook (Early 2015) よではPCIExpressのAHCIプロトコルから次世代規格となるNVMExpressが採用され低電力アイドルモードによる電力効率の向上やパフォーマンスの改善をもたらしているとしています。

AppleはSSDのコントローラチップを独自開発のものに切り替えたことで、今後のMacシリーズにおいても独自チップに切り替える可能性があり、東芝やSamsungなどが供給契約を失うリスクがあることを意味しています。

また独自開発をすることによって完全に統合されたNAND型アーキテクチャを開発し、AプロセッサだけではなくSSDストレージまでも自前で開発する…なんてことも将来的にあり得る話なのかもしれません。

関連 12インチMacBookの実機外観レビュー!薄くなったキーボードの打鍵感は慣れが必要!

12インチMacBook – Appleオンラインストア

Apple Insider

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。