Intel「Skylakeプロセッサ」は2015年下半期に登場!Broadwellから数ヶ月で?

スポンサードリンク

Intel「Skylake」は予定通り2015年下半期に登場!

Intelが2014年第4四半期決算報告の会にて次期プロセッサとなる「Skylake」を予定通り2015年下半期に発売させることをブライアン・クルザニッチCEOが明らかにしています。

Skylake インテル

製造の大きな遅れから当初の予定からかなり遅れてしまった14nmプロセスルールとなるBroadwellプロセッサですが、メインストリームノート向けのBroadwell-Uが2015年1月にようやく出荷が開始され、ハイパフォーマンスノート向けのBroadwell-Hとデスクトップ向けのBroadwell-Kが2015年中頃に予定されています。

そんな中で次期プロセッサとなる「Skylake」は当初の予定の通り2015年下半期に市場に投入させるということで、BroadwellとSkylakeが同時期に市場に混在することが考えられます。

Intel 2015 2016 CPU Roadmap Skylake Broadwell Braswell

次期MacBook AirはBroadwell搭載へ

噂されている12インチのMacBook AirことMacBook Stealthは2014年後半に先駆けて登場したBroadwell-YことCore Mプロセッサが搭載されるといわれていますが、性能がかなり低いことと現行モデルの後継機であることを考えるとBroadwell-Uが搭載される可能性もあるかもしれません。

MacBook Stealth シルバー

また2015年3月までには発売されるといわれているので、SkylakeではなくBroadwellプロセッサが搭載されることは確実でしょう。

追記(2015.05.20):12インチMacBookとMacBook AirはBroadwell搭載

12インチMacBookはBroadwell-YことCore Mプロセッサが、MacBook Airと13インチMacBook ProはBroadwell-Uが搭載されました。

MacBook Pro RetinaはSkylakeプロセッサ??

この流れでいけば、MacBook Pro Retinaディスプレイモデルの13インチはBroadwell-U、15インチはBroadwell-Hが搭載されることになり、問題は発売される時期です。

13インチは先にBroadwell-Uを搭載して登場するでしょうが、15インチのBroadwell-Hに関しては2015年中旬に予定されており少し遅れます。そしてわずか数ヶ月後にSkylakeプロセッサが登場することになります。

MacBook Proシリーズは長らくデザインや基本スペックは刷新されていないことからそろそろフルモデルチェンジをしてもいい頃なので、Broadwell-Hプロセッサ搭載モデルで大きくデザインが刷新されスペックアップを果たして数ヶ月後にSkylakeでマイナーアップデートするという流れになるかもしれません。

さすがに2014年モデルが2013年モデルの超マイナーアップデートモデルだったので2年続けてのマイナーはないでしょう…。

そうであってほしい。

過去のMacシリーズでもしばらく1世代前のプロセッサを搭載し続けたこともあるので、やっぱ2015年モデルはBroadwellプロセッサを搭載し2016年モデルでSkylakeプロセッサが搭載される流れになるのでしょうか。

追記(15.05.20):15インチMacBook ProにBroadwell搭載されず

2015年5月19日に感圧式トラックパッドが搭載した15インチMacBook Pro RetinaとiMac 5Kディスプレイモデルの下位モデルが発売されました!しかし、プロセッサはBroadwellは搭載されずHaswellが継続採用されました。

http://itstrike.biz/apple/mac/25668/
http://itstrike.biz/apple/mac/25675/

WCCFTech
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。