次期Apple Watchで改善してほしい点と今後のアプリに期待をしたい

スポンサードリンク

Apple Watchのアプリに改善の余地あり

Apple Watchを使い始めて1週間くらい経過をしますが、とても便利だなと感じる一方でまだまだApple Watchのアプリが素晴らしい体験を提供しきれていないように感じることもあります。

Apple Watch

特にサードパーティ製のアプリは読み込みがとても遅く、LINEを起動しても「新着メールの読み込み中」という画面でしばらく待たされたり新着メールしか閲覧することができないという使いにくさもあります。ニュースアプリのグノシーでもニュースの読み込みが遅く、さらにニュースを全文読めるわけではなく続きは「iPhoneで読む」ボタンが表示されるなどなんとも中途半端なアプリとなっています。

まずはこのような部分の改善を各メーカーが対応をして欲しいなとは思います。

Apple Watchも1年置きに新モデル?

Appleは当然ながら1年後か2年後くらいまでには第2世代となるApple Watch 2の発売を計画していることでしょう。

これがiPhoneのように1年置きになるのか2年置きになるのか少し気になるところでもありますが、次期Apple Watch 2はどのような端末になるのか早くも気になってしまっており、どのように進化を果たしていくのか予想というか期待として書いてみたいと思います。

デザインは現状維持か?

AppleはiPhoneやiPad、Macなど数年は同じデザインを使い続ける傾向があります。

Apple Watchもその流れが組まれることになるでしょうから、Apple Watch 2においてもスクエア型の四角いデザインが採用されるのではないでしょうか。噂ではチタン、セラミック、ホワイトゴールドなどの新しい素材のケースが登場するのではないかとも言われています。

S2チップで電力効率の改善を期待

Apple Watchの心臓部とも言えるS1チップはさらに進化を果たし第2世代となるS2チップが搭載されることになるでしょう。

AppleS1チップ

性能の高速化とバッテリーの消費電力を改善してくることが考えられますが、現行のApple Watchを使ってみてS1チップの性能は必要十分かなと感じます。アプリの起動や動作など基本的な動作に関してはサクサクと動きますしAppleらしいぬるぬる感を体験することが可能です。

なので、性能アップよりも電力効率の改善に焦点を絞って開発をして欲しいなと感じます。

スポンサードリンク

公式ではApple Watchの電池の持ちは18時間のバッテリー駆動時間としていますが実際にはそれ以上使うことができて30時間くらいは持ち、意外と長持ちしているという印象があります。

とはいえ、中途半端な時間であることから毎日充電が必要というのは確かでしょう。

もし、これが48時間のバッテリー駆動時間に伸ばすことができれば、2日に1回の充電が可能になります。S2チップで何とか消費電力の効率化を図ってほしいところです。

GPSを搭載し単体での動作に期待

Apple WatchにはGPS機能が搭載されていませんが歩数や距離などのカウントは可能となっています。しかし、iPhoneがないと位置情報など正確なトラッキングを取得することはできません。

また、地図アプリは常にiPhoneと通信をすることで正確な位置情報を表示させることができますがiPhoneがないと通信もできないので使いものにはなりません。次期Apple WatchにはGPS機能を搭載しApple Watchアプリ単体でも動作するようになってほしいところです。

常にiPhoneと通信をすることでiPhoneの方が電池の減りが早くなってしまっているので、GPS機能だけでもApple WatchでまかなうことでiPhoneのバッテリーの現象を抑えることも可能になるかもしれません。

iPhoneから地図データなどを取得できないと何も出来ないので意味はないかもしれませんが、Apple WatchのためにiPhoneの電池が減ってしまって電池が切れてしまうと本当に困るケースが出てくると思うのです。

Apple WatchよりiPhoneの方が重要なはずです。

とにかくアプリの質が重要

僕はApple WatchとiPhoneの電池改善、サードパーティ製のアプリのデータ取得時間のスピード改善の2つが良くなってくれれば充分かなと思っています。あとはApple Watch向けのアプリが充実してくれて、Apple Watchならではのアプリが出てくればとても魅力的なものになるでしょう。

やはりアプリが今後のApple Watchの今後を左右させると言ってもいいかもしれません。

追記(2016年7月)

2016年秋にも第2世代となるApple Watch 2が発売されるのではないかという情報があります。同時期に正式にリリースされるwatchOS3はアプリの起動が劇的に高速化されることになるので、今までよりも格段に使い勝手が向上することが期待できます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。