iPhone8は電池持ちが大幅に改善?積層型ロジックボードでバッテリー容量増加か

スポンサードリンク

iPhone8はバッテリー駆動時間が大幅に増加?

次期iPhoneとなるiPhone8のバッテリー駆動時間が大幅に伸びるかもしれません!

iPhone8

KGI証券のアナリストのMing-Chi Kuo氏はバッテリーの性能はここ3〜5年で大きく進化することは期待できないとしています。

しかし、2017年にリリースされるiPhone8はバッテリー駆動時間を伸ばすために高コストの積層型ロジックボードを採用することでメイン基板のサイズを大幅に小さくすることが可能となり現行の4.7インチモデルの筐体に5.5インチ並みのバッテリー容量を詰め込むことができバッテリー駆動時間を伸ばすことになると報告しています。

積層型ロジックボードは基板を重ねることで小型化を実現する技術となっており、より高度な製造技術を要することになりそうですね。

スポンサードリンク

2017年のiPhoneは液晶ディスプレイを搭載した4.7インチと5.5インチのモデルと有機ELディスプレイ(OLED)を搭載したプレミアムモデルの3モデル体制になるとみられていますが、OLEDを搭載したiPhoneに積層型ロジックボードを採用し基板を大幅に小型化しバッテリー容量を増やそうとしているようです。

iPhoneの内部設計

OLEDを搭載したプレミアムモデルのディスプレイサイズは不明ですが、現行の4.7インチのiPhoneと同じ大きさで5インチのディスプレイサイズになるのではないかと言われていますが、iPhone 7 Plusのバッテリー容量である2,900mAhに近い2,700mAhのバッテリーを搭載することが可能とのこと。

液晶ディスプレイよりも省電力であるOLEDとの組み合わせで大幅にバッテリーの持ちが改善する可能性を秘めていると言えそうです。

MacRumous
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。