2017年のiPhone8はガラス素材筐体に有機ELディスプレイを搭載?

スポンサードリンク

2017年モデルのiPhone8はガラス筐体に

今年発売される「iPhone7」は「iPhone 6s」のデザインが基本ベースとなりますが、2017年にリリースされる「iPhone8」はアルミ素材の筐体ではなく、ガラス素材の筐体を採用したデザインとなる可能性がかなり高いようですね。個人的にはiPhone 4sのガラス素材をベースとしたデザインが大好きなので、これは嬉しいですね!

iphone8004.jpg

2017年はAppleが初代iPhoneをリリースして10周年に当たる年になり、大きな節目を迎えることになります。

有機ELディスプレイ搭載

そんな重要なiPhone8ですが、iPhoneの一つのモデルの筐体がアルミからガラス製となるだけではなく、ディスプレイも通常の液晶(LCD)から有機ELディスプレイ(OLED)を搭載するなど、大きな変貌を遂げることになるようです。

また、すべてのモデルがガラス素材になるのではなく、一部のモデルということでアルミ素材の筐体も存続しつつハイエンドモデルにおいてガラス製のiPhoneが登場することになるのかもしれませんね。

これらの情報はAppleのサプライヤーでありiPhoneの部品の製造から組み立てまでしているFoxconnが2017年に発売されるiPhone向けにガラス素材を採用したiPhoneの開発をしているとNikkei Asian Reviewが伝えているものです。

有機ELディスプレイのメインサプライヤーはサムスンディスプレイになる可能性が高いようですが、シャープを買収したFoxconnは独自のOLEDディスプレイの開発を進め、iPhoneのパーツ争いが繰り広げられる可能性も高いのかもしれません。

スポンサードリンク

ガラス製のiPhoneを求めている人が多い

なお、9To5Macが実施したアンケートによるとiPhoneの筐体の素材はガラス製がいいと答えた方は52%、今まで通りのアルミ素材がいいと答えた方は44%という結果が出ており、iPhone 4/4sのデザインのようなガラス素材を求めている人の方が多いという結果が出ています。

iPhoneの素材は?

販売数の低下が著しいiPhoneですが、出来ることなら次機種となるiPhone7にてガラス製素材を採用したモデルが実現すれば良かったのですが、開発が間に合わなかったのか、わざと10周年に合わせてフルモデルチェンジは2017年にしたのか…。

2017年は新型のiPhoneと同時に完全に新しいデバイスを発表するのではないかという情報も出てきています。まだ2016年モデルとなるiPhone7もどのようなデバイスになるのか分かっていないのにiPhone8の話題が出てきてしまうのはどうなんでしょうかね。

9To5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。