Touch IDを修理しiOS9にしたらエラー53になる問題で集団訴訟に?

スポンサードリンク

Touch IDを修理できないことから集団訴訟を準備中

iPhoneやiPadに搭載されている指紋認証のTouch IDが故障した時に修理する時は素直にAppleにて正規の修理を行った方がいいようです。

iphone6s-touchid01

Apple非公式の修理ショップなどでTouch IDを修理し復元、iOS9にアップデートをすると「エラー53」という不具合が発生し、iPhoneを利用することができなくなるようです。

このことが原因でアメリカでは集団訴訟をするための準備を進めているようで、言い分としては、Touch IDが故障した時にAppleが認めていない修理ショップで修理できないのはオカシイというもの。

この状況を車で例えており、車が故障をした時にディーラー以外の工場で修理すると車が動かなくなることと同じだと訴えています。

確かに…そうですね。車で例えるととても分かりやすいように感じますが、そう考えるとApple以外で修理ができないのは少しおかしいような気もします。

スポンサードリンク

Touch IDはセキュアな部品

Touch IDに関しては個人情報を扱っている部分でもあり、Touch IDの仕組みとしてもiPhoneのAプロセッサに内蔵されている「Secure Enclave」と呼ばれるセキュリティ領域に直接指紋データを保存しているなど、OS側が勝手に不正にアクセスできないようになっている、完全に独立した領域となっています。

Touch IDの修理はこのような重要な部分を取り扱うところでもあるので、Appleとしてもそう容易に誰にでも修理をすることができる体制にはしたくないのかもしれません。

個人的には機密を扱う部分でもあるので、このAppleの方針は間違ってはいないと思うのですが、やっぱり修理ショップとしては、修理したいでしょうしユーザーとしてもできるだけ安く修理をしたいと思うのは当たり前です。

Touch IDはそう簡単には壊れるものでもないですが、もし破損してしまった場合はAppleの公式サポートを受けるしか選択肢がないのも辛いところですね。

Cult of Mac

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。