A9プロセッサの製造メーカーの違いによる性能差は誤差範囲内か

スポンサードリンク

A9チップのSamsungとTSMCにおける性能差は誤差範囲

iPhone 6s/6s Plusに搭載されているA9プロセッサは製造メーカーによって性能が異なってしまう問題が出てしまい、Appleの製造メーカーの違いによって性能が3%程度異なることを発表していました。しかし、結局のところ誤差範囲内ということなのかもしれません。

applea9.jpg

米国のコンシューマレポートという情報誌にてSamsung製のA9プロセッサとTSMCのA9プロセッサを徹底的に調査をした結果、バッテリーの持ちに関しては性能差はないという結論を出したようです。

正真正銘の同条件によるテスト

テストはSamsungとTSMCが製造したA9プロセッサを搭載したiPhone6sを二つ用意をし、iOS9.0.2をインストールした状態でディスプレイの明るさを同じ(150 NITS(約50%))にし、設定、通知、キャリア、インストールアプリなど全く同じ状態にしています。

また、キャリアはT-Mobileの通信回線を利用しLTEの周波数はband5にし回線強度も10デシベルミリワットになるように調整をして行われたそうで、正真正銘の同じ環境にて実験を行ったそうです。

今まで他のところで行われたテストはiTunesの動画をずっと再生させるなど現実的ではない使用用途でのテストが多かったのに対し、今回のテストはウェブサイトにアクセスしたり、音楽をバックグラウンドせ再生させるなど実際の使用用途に近い環境でのテストが行われました。

11時間によるテストの結果、はSamsungとTSMCのA9プロセッサを搭載した各iPhone6sの電池の残量の差は2%だったとのことで、その差は誤差と言える範囲のものになったようです。

Appleと同じ2〜3%の誤差範囲

スポンサードリンク

アップルも正式に2〜3%の性能差はあることを認めていることから、本当に同じような結果が出たことになります。

製造しているメーカーが異なれば若干の性能差があることは仕方のないことではありますが、あくまで普通に使用している状況においての性能差はほとんどないということなのかもしれません。

ただ、今までのテストでTSMC製のA9プロセッサの方がバッテリーの持ちが長いという結果も確かに存在することも事実でもあり、何が本当なのかというのは、少しよくわからない状況とも言えるかもしれません。

Cult of Mac

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。