将来のiPhoneは背面と前面カメラのイメージセンサーが統一され高画質に?

スポンサードリンク

将来のiPhoneのカメラは一つのイメージセンサーに?

将来のiPhoneやiPadのカメラはイメージセンサーが一つでカメラレンズが背面と前面に搭載される「多眼レンズ・シングルセンサーカメラシステム」が採用されているかもしれません。

Iphone6 カメラ

Appleが米国特許商標局に複数のカメラレンズを利用しつつ受光させるイメージセンサーは一つで可能になる技術の特許の出願をしました。

Appleの特許は複数のカメラレンズから光を取り入れ電気的に切り替えが可能となるミラーなどが設置され一つのイメージセンサーに取り入れた光を認識させることができる技術となっています。

iPhone 多眼レンズカメラ 特許

ひとつのイメージセンサーにすることで高画質にすることも可能に?

現行モデルのiPhone 6/6 PlusはiSightカメラには800万画素のイメージセンサーと専用の背面カメラ、FaceTimeカメラには500万画素のイメージセンサーと専用の前面カメラが搭載されており、カメラレンズ2つ、イメージセンサー2つが搭載されています。

もし、多眼レンズ・シングルセンサーシステムが実現することができればカメラレンズ2つ、イメージセンサー1つで構成することができ同じイメージセンサーに統一することができるので背面と前面カメラのどちらから撮影をしても基本的には同じ画質を得ることができます。(レンズの性能差はありますが)

この構造がどれほどの大きさのもので実現できるかは不明ですが、イメージセンサーを減らすことで小型化にも貢献できますし、イメージセンサーを一つにすることでコスト的に余裕ができより綺麗に撮影できる高価なイメージセンサーを採用することもできるかもしれません。

追記:

なお、2016年9月に発売が予想されるiPhone 7 Plusのカメラがデュアルカメラレンズが搭載されるのではないかという噂となっており、ソフトウェア処理によって高度な写真画質が実現することになるかもしれませんね。

AppleInsider
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。