iPhoneのGoogle ChromeでQRコードやバーコードを読み取る方法

スポンサードリンク

Google ChromeでQRコードを読み込む方法

GoogleのiOS版Chromeの最新バージョンとなる「バージョン56」でQRコードまたはバーゴードをカメラでスキャンしてサイトにアクセスすることが可能となりました。この記事ではiOS版のGoogle ChromeでQRコードとバーコードを読み込む方法を紹介します!

Chrome QRコード

QRコードやバーコードをGoogle Chromeで読み込む方法は二つあります。一つ目が3D Tocuhを利用してGoogle Chromeのサブメニューから読み込む方法です。二つ目がSpotlightからGoogle ChromeのQR読み取り機能にアクセスする方法です。

3D TocuhからQR読み取り機能にアクセス

iPhone6s/6s Plus以降のモデルに搭載されている3D Touch機能ですが、Google Chromeのアプリアイコンを強くタップします。

Google Chrome 3D Touch QR読み取り機能

すると「QRコードをスキャンします」という項目が追加されていることが確認できます。これをタップすることでカメラが起動しQRコードを読み取ることが可能となります。

SpotlightからQR読み取り機能にアクセス

ホーム画面の左側にスワイプしてSpotlightを起動して「QR」と検索してみましょう。

Spotlight QRコード

すると、Google ChromeのQR読み取り機能にアクセスすることができるアイコンが表示されるのです。

スポンサードリンク

QRコードを読み込んでみる

適当にQRコードをGoogle Chromeの読み取り機能で認識させてみました。

QRコード スキャン

あっさりと読み込ませることができました。これは便利ですねー。iPhoneは標準でQRコードを読み込ませる機能が搭載されていないので、今までは個別でQRコードを読み取ることができるアプリをインストールする必要がありましたが、Google Chromeで読み取りができるようになるのであれば、別途インストールする必要はなくなりますね。

QRコードだけではなくバーコードをスキャンすることもできます。

Google Chromeでバーコードスキャン

まあ、バーコードをスキャンする必要性はほとんどないと思いますが、気になった本のバーコードを読ませることでGoogle検索をかけて簡単にAmazonのサイトにアクセスすることができるので、これはこれで便利な機能と言えるかもしれませんね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。