iPhone 4sにiOS 8を入れるの待った!動作が遅くなり使える機能は少ない!

スポンサードリンク

iPhone 4sにiOS 8を適用させるべきか否か

iOS 8が公開されアップデートを既に終えた方も多いかと思います。今回のアップデートはiPhone 4s、iPad 2以降の機種が対象となっており、ギリギリ対象となったiPhone 4sとiPad 2をiOS 8にアップデートをするかどうか悩むところですよね。

完全にiPod化しているiPhone 4sが1台あるので、試しにiOS 8にアップデートをしてみたので参考になれば幸いです!

iPhone 4s iOS8 インストール

アップデートするメリットはあるのか?

まず、iPhone 4sとiPad 2にiOS 8を入れるメリットがあるのでしょうか。

両モデルではハードウェアのスペック不足からiOS 8の目玉機能であるMacへのAir Drop、Handoff機能、OpenGLのサポートなどはサポートしていません。プロセッサのA5チップはA7チップと比較して1/4以下の性能しかないので仕方のないところでしょう。

そして、iOS 7の時点で非対応だった音声アシスタントSiri、指紋認証Touch IDに関する機能は当然ながら使うことができません。他にも、おそらく使えない機能はあります!

え…!

iOS 8のいい機能がほとんど使えないじゃないか!

…そうなんです。

iPhone 4s/iPad 2で利用出来るiOS 8の機能を探す方が大変なくらいで、思いつくのがサードパーティ製のキーボードの使用、新しいマルチタスク画面、メッセージに音声や動画を送信できる機能くらいでしょうか。

いや、まだまだあると思うのですが思いつきません。すみません..。

こちらはiOS 8を適用したiPhone 4sです。3.5インチのディスプレイなのでアイコンの数は当然ながら4列までしかありませんが、ちゃんとiOS 8が動作しています。

iPhone 4s iOS 8 画面

Spotlight検索の画面は明らかにiPhone 4sはパワー不足で背景が白黒化!こんな画面は初めて見たかも!(追記:この白黒画面はどうやらバグのようで数時間後に確認したところ普通の画面に戻っていました)

iPhone 4s iOS 8 Spotlight

とにかくiOS 8への恩恵がかなり少ない!

そしてアップデートすることで動作がやっぱりモッサリしてしまっています。アップルはパフォーマンスの改善も含んでいると発表していたと思うのですが、どうも動作が安定しておらず、カクカクする場面があったり画面が切り替わる時にワンテンポ遅れたりと旧機種を利用しているユーザーにとっては厳しい内容かもしれません。

iOS 7 vs iOS 8(iPhone 4s)

iPhone 4sでiOS 7とiOS 8を動作させた動画と撮影しました。が、非常に分かりにくいです。撮影方法失敗しました。あくまで参考までにということで。

・iOS 7(iPhone 4s)

・iOS 8(iPhone 4s)

iOS 7も最初はかなり重かった記憶がありますがアップデートの度に少しずつ改善されてきましたが、iOS 8でまた元に戻ってしまったような印象です。特に、アプリの切り替え時が重くワンテンポ遅れてしまい、さらに文字入力もかなり遅くなってしまったように感じます。

快適性を犠牲にしてまで上記のような機能を使いたいかどうかは個々の判断となりますが、普通に使いたいのであればアップデートは控えた方がいいかもしれません。

追記:2015年9月にリリースされたiOS9をiPhone 4sにインストールをしたところ、動作速度の向上は特にありませんでした。ただ、セキュリティの面でiOS8からiOS9にアップデートした方がいいと思いますし、なお、次期アップデートとなるiOS10ではiPhone4sのサポートが外されます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。