アップルにサファイアガラスを供給しているGT Advanced Technologiesが破産手続きへ

スポンサードリンク

サファイアガラス生産工場が破産!

アップルが来年初頭にもリリースするApple Watchは無事に発売されるのでしょうか…!

iPhoneのカメラレンズやTouch IDのカバーガラスの素材にも採用されているサファイアガラスを製造をしているGT Advanced Technologiesが日本でいう民事再生法申請にあたる米連邦破産法第11条を申請したことを発表しました。

アップルはGT Advanced Technologiesからサファイアガラスの供給を受けているので今後どのような影響を与えるのか注目されそうです。

Sapphire

破産は会社がなくなるというイメージがありますが、米連邦破産法第11条は日本でいう民事再生に当たるわけで操業が停止するわけではなく、現在の負債を整理して経営再建も可能となります。

日本航空なんかも会社更生法(民事更生法じゃなかったんですね..)を適用して経営再建をしたように(国民の税金が投入されましたが..)GT Advanced Technologiesも今後の経営の再建を考えた時の選択肢として米連邦破産法第11条を申請したということになります。

iPhone 6での不採用が経営悪化の要因に?

GT Advanced TechnologiesのサファイアガラスはApple WatchとApple Watch Editionの2つのモデルで採用されることになっていますが、過去の情報ではiPhone 6の保護ガラスもサファイアガラスが搭載されるといわれていました。

しかし、生産工程の歩留まりの悪さから採用されることはありませんでした。iPhone 6の採用を目指して巨額な資金を投資し生産ラインを構築したとみられていますが、この一連の出来事が要因となって経営悪化に繋がったという見方もあるようです。

iPhone 6のディスプレイの保護ガラスとしての採用はなりませんでしたが、Apple WatchとApple Watch Editionでサファイアガラスの採用は決まっていることですし、iPhoneのカメラレンズの保護カバーやTouch IDにもサファイアガラスを採用しています。

アップルとしても必要不可欠なパートナーであり、何らかの援助をする可能性もあるのかもしれませんね。

追記:サファイアガラスはApple Watchに採用

2015年4月に発売が開始されたApple Watchにサファイアガラスが採用されました。ただし、エントリーモデルとなるApple Watch SPORTはiPhoneと同じゴリラガラスが採用され、より価格の高いモデルに限定されています。

サファイアガラスの傷の付きにくさは引っ搔き試験などで明らかになっています。

http://itstrike.biz/apple/iwatch/24943/

9to5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。