MacBook Pro 2017のCPUは旧型モデルより最大20%の性能向上か

スポンサードリンク

MacBook Pro 2017は旧型より最大20%の性能向上

AppleがIntelの第7世代Kaby Lakeプロセッサを搭載したMacBook Pro 2017がリリースしましたが、MacRumorsが計測したベンチマークによるとIntelの第6世代Skylakeプロセッサーを搭載した2016モデルに比べて最大で20%の性能が向上しているとのことです。

MacBook Pro 2017

2.9GHz Core i7プロセッサを搭載した新しい15インチのMacBook Proにて、Geekbench 4を使用して性能を測定ています。計測結果は、シングルコアが4,632、マルチコアのスコアが15,747となったことが確認できたようです。

 モデル 15インチMacBook Pro
2016
15インチMacBook Pro
2017
シングルコア マルチコア シングルコア マルチコア
標準モデル 3,982 12,530 4,255 13,727
上位モデル 4,098 13,155 4,632 15,747
CTOモデル 4,284 13,696

2.8GHzのCore i7プロセッサを搭載している2016年モデルと比較して、シングルスコアで13%、マルチコアスコアで19.7%、性能が向上したことになります。米国では15インチのMacBook Proの価格は2,799ドルと据え置きなので、同じ金額で10%〜20%の性能向上が期待できるとのことです。

スポンサードリンク

日本では円安の影響もあり全体的に20,000円ほど値上がりしてしまったので少し微妙なところですが、2016年モデルからの乗り換えでも若干の性能向上が期待できそうです。

12インチMacBook 2017と13インチのMacBook Pro 2017も同じく第7世代Kaby Lakeプロセッサを採用しているので、10%〜20%の性能向上が期待できそうです。12インチのMacBookはオプションでRAMの容量を8GBから16GBに増設することができるので、かなり使いやすくなっているのではないでしょうか。

MacRumors
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。