新型MacBook ProにMagSafeのように使えるUSB-C変換アダプタが登場するかも?

スポンサードリンク

新型MacBook ProにUSB-CをMageSafe風にするアダプタ付属か

Appleが日本時間の10月28日に開催するイベント「hello again」では13インチと15インチのMacBook Pro、13インチのMacBookが発表されると言われていますが、現行モデルに搭載されているMageSafeは廃止されてUSB-Cポートに統一される見込みです。

そこで、AppleはUSB-CコネクタをMageSafeのように簡単に接続することができる専用にアダプタをサードパティーから準備されるのではないかとKGI証券のMing-Chi Kuo氏が報告していることが明らかになりました。

MacBook Pro MageSafe

MageSafeコネクタは残して欲しい

USB-Cコネクタは上下どちらからでも接続ができるコネクタとなっており電源供給や充電もUSB-Cポートから行うものとなっており、12インチのMacBookにはすでに採用されているポートです。、新型の13/15インチMacBook Proと13インチMacBookではさらに性能向上が図られることになり、USB 3.1、DisplayPort 1.2、Thunderbolt 3などの規格に対応し通信速度がより速くなります。

USB-Cコネクタの最大のメリットは全ての規格を同じポートで使用することだと思います。しかしコネクタの抜き差しをは普通のものになってしまうためMacBook ProやAirに採用されている磁石式のMageSafeに比べると使いにくくなることは間違いないでしょう。また、ケーブルを足に引っかかってしまった時に簡単いコネクタが外れるという大きなメリットもなくなってしまいます。

そこで、AppleはUSB-CコネクタをMageSafeコネクタのように簡単に接続することができるアダプタを別途準備しているのではないかと言われているようです。そもそも、MacBook Proに関してはメイン機として使用することも多いので、電源コネクタは今までのように専用のMageSafeを採用すればいいのではないかと思ってしまうのです。

全てのポートがUSB-Cになってしまうという情報が多い中で、MageSafeコネクタが搭載されていることを願うばかりですね。

スポンサードリンク

Apple WatchのS2チップも搭載?

他にも情報が公開されており、MacBook ProにはIntelのSkylakeプロセッサが搭載されており、SSDストレージは最大2TBまで拡張することが可能になり、省電力な酸化物半導体パネル(シャープならIGZO)が採用されているとのこと。ただし、画面の解像度に関しては現行モデルと変化ないとのことです。

さらに、OLEDタッチバー(Magic toolBar)を駆動させるためにApple Watch series2の司令塔となっている「S2チップ」が搭載されているそうです。もし、これが本当ならばGPS機能もMacBook Proで使うことができ地図情報なども正確に取得することが可能になっているかもしれませんが、S2チップをカスタムしたものが搭載されているとのことなので期待はできないかもしれません。

新型の15インチ/13インチMacBook Proと13インチMacBookは日本時間2016年10月28日(金)深夜2時から開催されてる「heloo again」で正式に発表される予定となっています。

AppleInsoderMacRumous
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。