Apple Watch Series1と初代Apple Watchは別物だった!CPUがシングルコアからデュアルコアに!

スポンサードリンク

Apple Watch Series1と初代Apple Watchは別物だった!

どうしてもiPhone 7/7 Plusばかりが注目されがちになっていますが、Apple Watchのラインナップを見ていると旧世代のApple Watchがテコ入れしスペックアップしてApple Watch Series1になっているんですね。さっき、初めて知りました。

Apple Watch series2

デザインはApple Watch series1もApple Watch Series2も同じで、大きな違いはGPSの有無とCPUプロセッサの進化、FeliCaへの対応の有無といったところでしょうか。ここで押さえておきたいポイントとして、初代のApple WatchとApple Watch Series1も別物であるということでしょう。

実は、Apple Watchのプロセッサはシングルコアの「S1」と呼ばれるチップでしたが、Apple Watch Series1のプロセッサはデュアルコアの「S1P」と呼ばれるチップに進化を果たしています。

3モデルの仕様を比較

各3モデルで違いのある機能を書き出して見ましたが、こんな違いがあるんですね。

Apple Watch Series2 Apple Watch Series1 Apple Watch
APU S2
デュアルコア
S1P
デュアルコア
S1
シングルコア
GPS
ディスプレイ 第2世代の感圧タッチ対応
OLED Retinaディスプレイ
2倍の明るさ(1,000ニト)
感圧タッチ対応
OLED Retinaディスプレイ
(400ニト)
防水 水深50mの耐水性能 IPX7等級の耐水性能
(水深1m)
Apple Pay FeliCaでの支払い
アプリケーション内での支払い
アプリケーション内での支払い
価格(一番低価格のモデル) 37,800円 27,800円 37,800円

こうやって見るとApple Watch Series2とApple Watch Series1は別物と考えてもいいのかもしれません。Apple WatchはCPUの性能が低くレスポンスが悪く待たされることが多かったですが、デュアルコアのCPUを搭載しているApple Watch Series1とwatch OS3との組み合わせなら、この問題は解決しているように感じます。

Apple Watch Series1はアルミニウムのケースモデルですが、今までよりもさらに価格も安くなり27,800円から購入することができるので、プールで使うほどの防水機能やGPSを求めないのであれば性能的にも向上しているApple Watch Series1で満足できるようにも感じます。

スポンサードリンク

100万円の18金モデルは廃止

セレブ向けだった100万円オーバーのApple Watch Editionも廃止されたんですね。

新しくセラミック素材のケースが追加されましたが、それがApple Watch Editionとして販売されることになります。

Apple Watch Edition セラミック素材

価格も13万円と控えてな価格となっているので、一般の方でも手が出しやすい価格設定になり、高級路線は辞めたんでしょうかね。初代のApple Watch Editionを買った富裕層の方々はどうするんでしょうかね。オーダメイドで中身の載せ替えができるとか、何らかのプランがあっても良さそうですけど。

Apple Watch Nike+が欲しい

完全に個人的ですが、僕は「Apple Watch Nike+」が欲しいです。

Apple Watch series2 ナイキ

最近、走ったりしているので用途にもピッタリですし、デザインも結構好みだったります。価格も37,800円とそんなに高くもないですし、ちょっといいですね。どうしようか、検討中…。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。