iPhone版のLINEがユニバーサルアプリとなりiPadに対応へ!

スポンサードリンク

iPhone版のLINEがiPadに対応へ

スマートフォン向けのLINEアプリが「LINE 5.9.5」にバージョンアップをし、iPadに対してユニバーサルアプリとして利用することが可能となりました。これによりiPad単体でアカウントの新規登録ができるようになります。

LINE iPadに対応

今まではiPadでLINEを利用するにはiPhoneの画面に最適化されたiPhone版のLINEからアカウントを作成するしか方法はなく、「LINE for iPad」はあくまでメッセージのやり取りをするだけのアプリとなっており、タイムラインなどを見ることもできませんでした。

しかし、今回のアップデートでLINEアプリがユニバーサルアプリになったことから、アカウントの作成やタイムラインの閲覧、無料通話機能もiPhoneと同じように使用することが可能となっています。

見た感じ、LINE AppやLINE GAMEなどには対応はiPadには対応はしていないようですね。

スポンサードリンク

フリック操作はできなくなった

また、今までiPadでiPhone版のLINEを利用しフリック操作で文字入力をしていた方は注意が必要で、iPadに完全対応したことでフリック操作をすることができなくなり、キーボード操作が必須となります。

iPad LINE キーボード

意外とiPadにiPhone版のLINEをインストールして、スマホの画面で使用している方がいるようなので、キーボード操作に慣れていない人は使いにくいと感じるかもしれませんね。

追記:設定方法について記事を書きました。フリック操作もiPadの設定を変更することで使用することができます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。