日本ではなぜ iPhone が人気があるのか、理由を考えてみる。

スポンサードリンク

2013年1月から3月に iPhone と Android のシェアを調査会社カンター・ジャパンが調査した結果が公開されました。この調査は、携帯電話・スマートフォン・タブレット端末の購買使用動向を10000人/月から調査をしているそうです。

スマートフォンOS別販売シェア

スマホOS別販売シェア

OS別では、iOS が 49.2%、Android が 45.8% となりました。

スマホOS別販売シェア国

国別で調査した結果、日本が一番 iPhone のシェアが高く Android よりシェアが高いことが分かり、アップルの地元のアメリカは2位という結果となり、日本での iPhone の人気の高さがわかる結果となりました。スペインでの Android が 93.5% となっており異常な人気となっています。

日本で iPhone が人気な理由は

iPhone の 49.2% という数字がさらっと出てきましたがもの凄い数字でアップル1社だけでほぼ過半数を占めており、ソフトバンクとauがそれだけ恩恵を受けているということになります。

何故日本では iPhone が人気なのでしょうか?

おそらく、海外・特に新興国で Android の機種には価格の安いモデルが多数存在していることが大きな理由ではないでしょうか。日本では安い Android モデルは少なく iPhone とほぼ同じ価格帯・それ以上高機能なスペックのものまであります。この傾向は一昔前のガラケー携帯時代の過剰スペック携帯と似ていますね。

つまり、同じ価格帯なら人気のある iPhone にしようか!という心理が働くのではないのでしょうか。

日本は、ガラケーとスマホの間の価格帯のスマホがほとんど無い状態で、安い携帯を求めるユーザーはガラケーを選ぶ傾向があるように思えます。ということは、その中間のAndroid機のラインナップを充実さすれば日本でのシェア比率は大幅に変化する可能性があるかもしれません。

[カンター・ジャパン] [Linkman]

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。