Dellが低価格の4K P2815Qを発売へ!リフレッシュレート30Hzに注意!

スポンサードリンク

Dellが4Kディスプレイ「P2815Q」発売!

Dellが28インチの4K(3840×2160ドット)ディスプレイのP2815Qを3月18日に6万9980円で発売をすることを発表しました。

p2815q module 2

Dellの4Kディスプレイの上位モデルとなるUP2414Qをすでに12万9980円で発売されていますが、P2815Qは安価なTNパネルを採用することで6万9980円という低価格を実現することが可能になりました。TNパネルは横から画面を見ると色が変化したりすることがありますが正面から使う分にはほとんど問題はないでしょう。

リフレッシュレートは最大30Hzまでの仕様

ただ、他にも制限があるようで4K入力時のリフレッシュレートは最大30Hzまでの仕様となっており少し注意が必要となります。ビジネスワークなどでは30Hzのレートでも問題はないのですが動画を見る場合は30Hzでは厳しい場面が出てくると思いますのでP2815Qを利用出来る場面はある程度限られてくるにかもしれません。

とはいえ、7万円で4Kディスプレイをいち早く体験できるのはとても魅力的です。もちろん接続するPCやMacが4Kディスプレイに対応している必要はありますが…。Macは2013年モデル以降のMacBook ProやMacProならとりあえず4K出力は可能となります。

P2715Qで60Hzに対応

実質的な後継モデルと言える27インチディスプレイを搭載したP2715QはIPS 4K(3840×2160ドット)パネルを搭載し、60Hzのリフレッシュレートに対応しています。価格も同じくらいなので、かなりコストパフォーマンスは高いと言えるのではないでしょうか。

なお、もうワンサイズ小さい23.8インチの4Kディスプレイ「P2415Q」も価格が安くてコストパフォーマンスは高いです。

実際、僕は23.8インチの4Kディスプレイ「P2415Q」を使っていますが、ちょうど良いサイズでとても使いやすいです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。