Apple WatchにiPhoneの写真を入れる方法と同期先を変更する設定のやり方

スポンサードリンク

Apple Watchの写真アプリの使い方

Apple WatchにもiPhoneやiPadと同じように写真アプリが搭載されておりお気に入りの画像をいつでも手元から見ることができます。愛する家族をいつでも見たいんだ!という方にとってはiPhoneよりも手軽に見ることができるApple Watchの写真アプリは魅力的でしょう!

ということで、Apple Watchの写真アプリに写真を入れる方法について紹介したいと思います。

Apple Watchの写真アプリ

iPhoneのお気に入り画像が同期(初期設定)

Apple Watchの写真アプリに写真を入れるのは非常に簡単でペアリングしているiPhoneの写真アプリからお気に入り写真に指定してある画像が自動的にApple Watchに転送される仕組みとなっています。

iPhoneから写真を「お気に入り」に指定する方法として、iPhone側の写真アプリを起動し写真を選択すると下の部分にハートマークが表示されているので、このハートをタップすることで「お気に入り」指定にすることができます。

iPhoneから写真をお気に入りにする

何枚かお気に入りの写真を選んでみました。

お気に入りの写真

これで自動的にApple Watchに「お気に入り」に指定した画像が転送されて、Apple Watchの写真アプリを起動すると写真を見ることが出来るようになります。

上下にスクロールすることで他の写真を見る事が出来ます。

Apple Watchの写真アプリ

画像をタップすることで写真の拡大ができますが、デジタルクラウンを使って写真を拡大したり縮小することもできるので非常に使いやすいです。

デジタルクラウンで写真を拡大縮小

デジタルクラウンは結構使いやすいですね!

同期するアルバムを変更する

スポンサードリンク

初期設定では「お気に入り」の画像がApple Watchに転送されていましたが、iPhoneで作成してあるアルバムを自由に選択し同期させることが可能です。

Apple Watchアプリから「写真」を起動し「同期されているアルバム」を選択してiPhoneに設定されているアルバムから好きなものを選ぶだけで設定完了です。

Apple Watch アルバム同期先

Apple Watch用のアルバムを作成して同期させるとうまく管理ができるかもしれませんね。

なお、Apple Watchの写真は自動的にサイズを圧縮して転送されていますので15MBの上限でも100枚の写真を格納することができます。

写真の容量の上限を拡大 Apple Watch

最大で75MBの500枚まで拡張することができるので、iPhoneで写真をそんな撮影しないという方は全ての写真を同期しても大丈夫ですが、バシバシと写真を撮影している方は専用のアルバムを作成して管理することをオススメします。

Apple Watchの使い方関連記事
Apple Watchの視差効果や透明度をオフにし文字を太く見やすくする方法!
Apple WatchにiPhoneの写真を入れる方法と同期先を変更する設定のやり方
Apple Watchで音楽を再生する方法と直接楽曲を入れて聞く方法
Apple WatchからペアリングしたiPhoneの呼出音を鳴らして探し出す方法
Apple Watchのメッセージ返信用の定型文をオリジナルに変更する方法
Apple Watchの電池残量表示は文字盤のカスタマイズ設定から可能
Apple Watchの文字盤のデザインを変更する方法
Apple Watch SPORTが届いた!開封外観レビューからiPhoneとの同期設定方法まで!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。