Apple MusicのiCloudライブラリとiTunes Matchの違いはDRM保護!

スポンサードリンク

iCloudミュージックライブラリとiTunes Matchの違い

iCloudミュージックライブラリとiTunes Matchの違い

Apple Musicにはユーザーが持っている音楽データをアップロードして同じApple IDで紐付けされたiPhoneやMacなどで共有することができる「iCloudミュージックライブラリ」という機能が搭載されています。

「iCloudミュージックライブラリ」を有効にすることでデバイス間との共有と、Apple Musicで提供されている楽曲もライブラリの中に入れて各デバイスで共有することができる便利な機能となっています。

「iCloudミュージックライブラリ」は「iTunes Match」の機能とほぼ同じような仕組みになっており、違いがイマイチ分かりません。同等の機能が使えるなら iTunes Match を利用しているApple Music加入者は必要ないのでは?

そんな疑問が湧いてきます。ということで、2つのアカウントを利用して「Apple Music」と「Apple Music + iTunes Match」の違いを実際に確かめてみました。

結論から先に書きます。

Apple Music と Apple Music + iTunes Match の違いはCDからリッピングした楽曲やDRMフリーの楽曲をアップロードしすることで「DRM(デジタル著作権管理)」が付くか付かないかの違いのようです。

Apple Music Apple Music + iTunes Match
Apple Musicにある楽曲 DRM付きに変換 DRMフリーのまま
Apple Musicにない楽曲 DRMフリーのまま

その他の機能はどちらも(たぶん)同じとなっていました。

つまり、iTunes Matchに加入していなくてもデバイスから楽曲を削除したとしてもiCloud上から音楽をダウンロードすることが可能となります。(ただし、iOSデバイス側から「マイミュージックから削除」や「削除」をするとiCloud上の楽曲が削除されるので、必ず「ダウンロードを削除」からデバイス上のデータを削除しましょう。)

DRM付きになることで楽曲を失う可能性

では Apple Music に加入するなら iTunes Match を辞めてもいいのでは?って思うかもしれませんが、以下のような状況の時に楽曲データを失い、再生することが出来なくなります。

  • CDなどからリッピングしたDRMフリーの音楽データをMacやWindowsからiTunesに取り込む
  • iTunesからiCloudミュージックライブラリにアップロード(この時点でApple Musicにある楽曲はDRM保護付きに変換される)
  • ローカルから音楽データを削除
  • Apple Musicを退会した時に音楽データを再生することができなくなる、または何らかの事情で違うApple IDに変えた場合も再生できなくなる

つまり、アップロードした時点のApple IDに紐付けされたデバイスでないと再生が出来ない仕様に変わってしまうのです。

Apple Musicに存在する楽曲をアップロードすると各楽曲の右クリックメニューの「情報を見る」の「ファイル」から項目表示が変わっていることが確認することができます。

「iCloudの状況」という項目が「マッチ」ではなく「Apple Music」になっているのが確認出来るかと思います。

iCloudライブラリとiTunes Matchの違い

どちらのサービスで管理されている楽曲データなのかはこの項目からしか確認することはできないようです。

スポンサードリンク

元データは勝手に変換されない

なお、ローカルに存在する元のデータが無くならない限り勝手にDRM保護に変換されることはないようです。

ローカルから楽曲データを削除し、再びiCloudミュージックライブラリから楽曲データをダウンロードする時にiTunes Matchに加入してない場合はDRM保護付きの音楽データがダウンロードされる仕組みとなります。

applemusic-itunesmatch-02

格納されるフォルダも分離されているようで、楽曲データの詳細情報を見ると「保護されたMPEG-4オーディオ」という種類に変換されています。

保護されたMPEG-4オーディオ

Apple Musicに存在しない楽曲は、iTunes Matchに加入していなくてもDRM保護付きの音楽データに置き換わることはありませんので、ローカルデータを削除してiCloudミュージックライブラリからダウンロードをしてもDRMフリーの音楽データを利用することができます。

アップロードした音楽データ

あー…ややこしい。

現時点ではApple Musicにある楽曲は限られるのでiTunes Matchに加入しなくてもDRMフリーのままになることが多いですが、今後はApple Musicに参加するアーティストも増えるでしょうから制限を受ける確率は高まっていきそうです。

とにかく、Apple IDもずーっと固定でApple以外のデバイスで音楽を聴かないと誓える方はApple Musicだけの契約でもOKで、リッピングした音楽データをDRMフリーのままiCloud上にバックアップも兼ねて保存しておきたい場合はiTunes Matchも合わせて契約しておいた方がいいのかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。