次期iPhone8のハイエンドモデルは曲面の有機ELディスプレイ搭載か

スポンサードリンク

次期iPhoneのハイエンドモデルは曲面有機ELディスプレイ搭載か

次期iPhone(iPhone8 or iPhone7s)のハイエンドモデルに関してはやはり有機ELディスプレイ(OLED)を搭載したモデルになる可能性が高いと言えるのかもしれません。次期iPhone(iPhone8 or iPhone7s)は曲面ディスプレイと新しいタッチセンサー技術を搭載するようです。

Galaxy S7 と iPhone7 Plus

これは、AppleがSamsung Displayに対して通常のガラス製のディスプレイではなくプラスチック製の有機ELディスプレイを発注、プレミアムモデルの曲面ディスプレイ用に採用されGalaxy S7 Edgeのようになるようです。

また、通常モデルはフラットガラス製の有機ELディスプレイが採用されるようで、曲面の有機ELディスプレイはSamsung Display、残りのフラットな有機ELディスプレイはLG DisplayとJDIのモノが採用されるようです。

新しいセンサー技術を採用か

新しいiPhone折りたたみ式ではありませんが、Appleは新しいセンシング技術を採用し、同じ曲面ディスプレイのGalaxy S7 Edgeとは差別化がされるようです。

スポンサードリンク

曲面ディスプレイの側面部分をタッチすることで電話アプリを起動させるなど新しい検知技術が採用されるかもしれないようですが、この機能をAppleが実際に採用しないかもしれないようです。

Samsung DisplayからLG Displayに

2017年はSamsung Displayに頼るしかないAppleですが2018年以降はLG Displayの有機ELディスプレイにシフトしていく可能性が高くなっています。

というのも、AppleやGoogleはLG Displayと提携をしてスマートフォン用の折りたたみ式パネルの開発に取り組んでいることが明らかになっており2018年にApple、Google、Microsoftに折り畳み式パネルを提供すると伝えられいます。

サムスン電子も折りたたみ式のスマートフォンの開発をしているそうで、2018年以降に再び折りたたみのデバイスが主流になっていく可能性があるのかもしれませんね。

The Korea HeraldMacRumors
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。