2017年に発売されるiPhoneは「iPhone8」として大幅刷新される?

スポンサードリンク

2017年のiPhoneは「iPhone8」に?

やはり次期iPhoneの名称は「iPhone8」になるのでしょうか。

今までの流れでいけば2017年に発売されるiPhoneはiPhone7の強化バージョンとなる「iPhone7s」になりますが、来年はiPhoneが生誕10周年ということもあり完全なる新しいiPhoneが登場するのではないかと噂になっていました。

iphone8004.jpg

そんな中で、イスラエルのヘルツリーヤにあるAppleの開発拠点ででiPhone8のハードウェア開発を行っているという情報をBusiness Insiderが伝えているのです。これはイスラエルのオフィスに所属している従業員が漏らした情報なんだそうですが、次期iPhoneは「iPhone7s」ではなく「iPhone8」になる可能性が高いのかもしれません。

液晶から有機ELディスプレイに

今までの情報でもiPhone8はハードウェアが大きく刷新されるという情報があり、ディスプレイが液晶(LCD)からApple Watchにも採用されている有機EL(OLED)に変更され、ホームボタンがついに廃止されてディスプレイ上でTouch IDが使用できるようになるのではないかとも言われています。

実際にAppleはディスプレイに指紋認証機能を埋め込む特許を取得するなどをしており、iPhone7で物理ボタンを廃止したのはその布石である可能性もありそうです。

なお、有機EL(OLED)ディスプレイを採用することでバックライトが必要なくなることから消費電力が大幅に減らすことができバッテリー駆動時間が大幅に長くなることが期待できます。また、フレキシブルなディスプレイなのでGalaxyのようにディスプレイを少しだけ曲げることも可能に。

無駄にディスプレイを曲げてしまうと光の反射など使い勝手はあまりいいとは思いませんが、実用的になるのであれば期待したいところ。

スポンサードリンク

完全に新しいデザインに

iPhone7はフルモデルチェンジの年でありながらiPhone6sのデザインをブラッシュアップさせたモデルとなりました。しかし、iPhone8はiPhone5sからiPhone6にあったような大幅なデザイン変更が期待されています。

iPhone4/4sのような全面ガラス素材を使用したデザインの噂もあります。

ただ、iPhone7の新色であるジェットブラックはアルミ素材でありながらガラスのような光沢のあるデザインを実現したので、重量があり割れやすいガラス素材を本当に採用するのかという疑問もありますね。もしかしたら、ジェットブラックの光沢研磨技術をさらに発展させてアルミ素材を採用しつつピカピカのホワイトモデルが登場するかもしれませんよ。

というか、ピカピカのホワイトモデルを期待したいです。

Business Insider9to5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

  • 光沢研磨技術を採用するならピカピカのゴールド、ピカピカのローズゴールドも登場する可能性があるのでは?

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。