次期iPhone6sはApple Watch SPORTと同じアルミニウム7000が採用され強度アップ?

スポンサードリンク

次期iPhoneのアルミ素材はApple Watch SPORTと同じものに?

現行のiPhone 6/6 PlusやiPadなどの筐体に採用されているアルミ素材は非常に軟らかく少しぶつけただけですぐにヘコんでしまったりしショックを受けた方も多いと思います。

アルミ素材 7000 Apple

しかし、次期iPhoneにおいてはそんな心配はなくなるかもしれません!

iPhone 6s/6s Plusにおいて、Apple Watch SPORTにも採用されているより頑丈な「7000シリーズアルミニウム」と呼ばれるアルミ素材が採用される可能性があるとEconomic Daily Newsが伝えています。

7000シリーズアルミニウム

Apple Watch SPORTのケースに採用されている「7000シリーズアルミニウム」は標準的な合金よりも60%も強度が強く非常に軽量であることが特徴となっています。(現行モデルのiPhoneは6000シリーズアルミニウム)

さらに特別な陽極酸化皮膜処理もされていることからキズや腐食にもとても強いものとなっています。「7000シリーズアルミニウム」は競技用自転車にも採用されているそうで、軽くて非常に頑丈である素材といえそうです。

大量生産できるかが懸念材料

次期iPhoneとなる「iPhone 6s/6s Plus」に採用される可能性が指摘される一方でApple Watchよりも遙かに多い生産台数が求められるiPhoneシリーズで7000シリーズのアルミを大量生産することができるのかどうかという点が懸念材料として上がっているようです。

Apple Watch SPORTにも採用されている7000シリーズのアルミがどれくらい傷が付きにくいものなのかは実際に使用してみないことには分からない部分ではありますが、個人的にはiPhoneにケースは使いたくない派なのでアルミの強化は喜ばしいことです。

追記:iPhone 6s/6s Plusはこの情報の通り7000シリーズのアルミ素材が採用され発売が開始されまいした。前シリーズのiPhone 6よりも3倍も強度が向上しているとのことで、大人3人がかりでもiPhone 6sを曲げることができないくらい強度アップしています。

MacRumors
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。