iPhoneをおサイフケータイ化できるFeliCa対応ケースをNTTドコモが発表!

スポンサードリンク

ドコモがiPhoneをおサイフケータイ化!

iPhone 6とiPhone 6 PlusはNFC(近距離無線通信)に対応していますが、残念ながら日本で広く普及しているFeliCaを利用することはできません。そこで、NTTドコモがiPhoneをおサイフケータイ化してしまう「おサイフケータイ ジャケット01」を発表しました!

「おサイフケータイ ジャケット01」をiPhoneの対応ケースの中に入れるなどしてBluetoothでiPhoneと連携しながらFeliCa対応の電子マネーを利用することが出来るというものとなっています。

サイフケータイ ジャケット01

このような外観となっており大きさが約86×51×4.2mmで22gという重さになっています。4mmという厚みが少し気になる所ですが、150mAhのバッテリーを搭載しており約2.5か月の連続動作時間が確保されています。

このデバイスをこのように対応ケースの中に装着して利用するようです。

おサイフケータイ ジャケット01 対応ケース

対応ケースはiPhone 5s、iPhone 6用が準備されるようですが、対応しているデバイスは以下の通りでiOS 7.1以上で動作するとのことです。

  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 5s
  • iPhone 5c
  • iPad Air
  • iPad mini

対応ケースがないデバイスはどうすればいいのでしょうか…。まあ、いずれサードパーティ製の対応ケースなどが出てくる可能性がありそうなので問題にはならないかもしれません。

対応サービスにSuicaとWAONがない!

「おサイフケータイ ジャケット01」に対応するサービスが以下の通りです。

  • 全日本空輸株式会社:スキップサービス(10月下旬予定)
  • 株式会社ヨドバシカメラ:ゴールドポイントカード(10月下旬予定)
  • 株式会社NTTドコモ:iD(12月対応予定)
  • 株式会社ジェーシービー:QUICPay(年度内対応予定)
  • 楽天Edy株式会社:楽天Edy(時期未定)
  • 株式会社ローソン:ローソンモバイルPonta(時期未定)

都会では使用頻度がかなり高いJR東日本のモバイルSuicaには対応していないようですね。モバイルSuicaとイオンのWAONにも対応したらかなり便利になるような気がします。

ただ、個人的に思うことは、多くても一日に数回しか使用しない電子マネーのためにせっかく薄いiPhoneを分厚くし重くしてしまうことが少し理解できません。

頻繁に使う方にとっては嬉しいデバイスなのかもしれませんが、やはりiPhoneがネイティブにFeliCaに対応するか(対応することはないと思いますが)世界標準規格のNFCが日本で導入されるのを気長に待つしかないのかなとは思います。(今のところApple Payでしか利用できない仕様なので絶望的ですけどね…!)

NTTドコモ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。