Appleが交換カメラレンズの特許を申請!次世代iPhoneに採用?

スポンサードリンク

次世代iPhoneはカメラレンズを取り外し可能に?

AppleがiPhoneの取り付け可能な外付けカメラレンズの特許を申請していたことが米国特許商標局が公開した内容で明らかになりました。

iPhone 外部カメラ

今回新たに公開された特許内容は、カメラレンズをねじのようにiPhoneに取り付けることができ、色んなタイプのレンズを装着交換ができるというものです。

iPhone ねじ込み式レンズ

Appleは以前から外付けレンズの特許を申請しており試行錯誤をしているようで、前回申請されたカメラレンズの特許は磁石を使ってカメラをiPhoneに取り付けるというものでした。

しかしながら、レンズがずれてしまうなどの不安要素もあり、しっかりと固定するということを重視してねじ方式のレンズ取り付け方法を考案した模様です。

レンズメーカーはやっぱりソニー?

果たして次世代のiPhoneに外付けカメラレンズを装着できる時が来るのでしょうか。もし、そのようなオプションが本当に登場するとしたら、どこのカメラーメーカーのレンズを採用することになるの気になるところです。

やはり、何かとソニーとAppleは深い繋がりがあるのでソニーになるんでしょうか。でもそこまでしてiPhoneで写真を撮影したいなか…?取り付けるの面倒だしそれだったらカメラ持ってた方がスマートのようにも感じます。

追記:このようなシステムのレンズはソニーが実際に発売をしましたね。そして、2016年現在はカメラレンズを2つ搭載したデュアルカメラレンズシステムが主流になりつつあるように感じます。

2016年秋にリリースされるとみられるiPhone 7 Plusはデュアルカメラレンズを搭載するのではないかと噂されています。

Cult of Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。