中国版Apple Watchの「AiWatch」が約8000円で登場!安さの秘密とは?

スポンサードリンク

Apple Watchの模造品「AiWatch」が登場

2015年春にはAppleの初のスマートウォッチとなる「Apple Watch」が発売されますが、中国では一足先に「AiWatch」というApple Watchの偽物とみられるデバイスが発売されるようです。

こちらが、「AiWatch」です!見た目ソックリ!!

AiWatch

価格が399元(約8,000円)ということで4万円以上するApple Watchと比べてもとてもリーズナブルな価格となっています。

表示ディスプレイは単色モノクロ表示?

さすが、中国といったところですが見た感じ搭載されているOSは非常にシンプルなものとなっているようで、もしかするとフルカラー表示は出来ないのかもしれません。

AiWatch ディスプレイ

ディスプレイサイズは0.95インチの大きさとなっていますが、AiWatchのサイトを見る限り青色の表示以外の画像が一切ありませんでした。つまり、安い単色のELディスプレイが搭載されているのかもしれません。

これならApple Watchが4万円以上もするのに対してAiWatchは8,000円くらいで購入出来る理由がわかるような気がします。

バッテリー駆動時間も長い!

スポンサードリンク

また、バッテリー駆動時間はApple Watchは毎日充電が必要と言われている中でAiWatchは168時間持つそうです。

機能としては歩数のカウントや睡眠時間の管理なども可能となっており、メールや電話の連携はiPhoneなどのスマートフォンと行うことも可能となっています。また、iPhoneを遠隔操作することでカメラの撮影をすることも可能になっていたりとスマートフォンとの連携はBluetoothを利用して実現出来るようです。

表示画面などを簡略化することで価格を安く抑えたりバッテリー駆動時間が長くなっているのかもしれません。ある意味、より時計らしいスマートウォッチと呼んでもいいかもしれませんね。派手な演出はいらないから基本性能だけあってバッテリーが数日持つ方がいいというユーザーは意外と多いように思えます。

関連

・Apple Watchのぬるぬる動くUIがいいかも!未公開動画が公開!
Apple WatchのデジタルクラウンはIBMの時計型デバイスを参考に?

ちなみに、スタンダードバージョンと…

AiWatch スタンダードバージョン

金メッキを施した高級バージョンが存在しているようです。

AiWatch 金メッキ

高級とはいえ、1万円くらいで購入できるのでしょうかね?なお、日本での発売はされないようで中国やベトナム、イギリスなどなどで発売が予定されているようです。海外に行く予定がある方は、ネタとして購入してみてはいかがでしょうか?

aiwatch

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。